新時代のセルフ・ストレス・マネージメント Vol.20

扇子の要が外れて兄弟姉妹がバラバラに

ある私の友人のお話をします。その友人の両親はあるファミリービジネスの創設者でした。父親の創設したビジネスを子供たちとその家族がそれぞれのビジネスで後継者となっていました。私の友人は長男としてあるビジネスの経営に携わっていました。そして創設者である父親が亡くなりました。さあそれを境に華麗なる一族の悲劇が始まりました。

子供たちにとって父親は家系の長のみならず、ビジネスグループの会長でもありました。子供たちにとって父親(会長)はいわば扇子の要として存在していました。扇(せんす)をよく見てみてください。扇子の要とは扇の骨を止める部分です。ちなみに肝心要(かんじんかなめ)の要(かなめ)とは扇子の要(おうぎのかなめ)から由来した言葉で、最も大事な部分、あるいは物事の中心という意味です。

友人には二人の姉妹とその家族がいるのですが、会長で父親であった扇子の要(おうぎのかなめ)が抜け落ちたことで、兄弟姉妹において以前のような意思疎通が難しくなりました。そして父親の死後ずいぶん年月が経過しているのですがいまだに遺産相続が完了していません。それどころか友人は前職を解かれ、そのビジネスで生計を立てることができなくなり、また本来なら相続するはずの彼名義の遺産も相続できず金銭問題を抱えることになりました。

扇子の要(おうぎのかなめ)

扇子の要(おうぎのかなめ)

身内の人間関係の修復は他人のそれより難しい

先日、その友人から私に借金の申し出がありました。彼曰く、ある支払いが滞っており、そのため生活インフラに危機が迫っているので、まずはそれを回避するために用立ててほしいというものでした。さらには期限が迫っているとのことで電話口で緊迫した口ぶりでした。

私は彼に姉妹との間で停滞している遺産相続の進捗を聞いてみました。すると何も進展していないとの返答でした。私は彼に以前、電話で2時間かけて彼の話をよく聞き、解決策として最善と思われるあるアドバイスをしていました。残念ながら彼は実行に移していませんでした。彼の借金の申し出に対して私は即答は避け即日回答するとして電話を切りました。

彼は家賃滞納にて管理会社より退去勧告の通知を受けており、その内容証明が明日届くいう前日に電話をしてきたのです。相手が法的措置に出る場合、多くの人は相当なストレス状態、あるいはパニック状態になると思われます。彼もはまさにそんな状況でした。

身内の人間関係の修復は他人のそれより難しい

人間関係のすべては信頼関係に尽きる

翌日、私はメールにて彼の申し出を断りました。そして解決策として最善と思われるアドバイスを付け加えました。私が彼に授けたアドバイスは相手の信頼を得るための行動をするということでした。それは次のような内容でした。

一般的に賃貸契約においては貸主が借主に対して退去勧告を出す場合は契約者が正当な理由なく家賃滞納を続けている場合に限ってだと思われます。人は生きている限り病気、怪我、事故、解雇など予期せぬ不幸な出来事が生じます。それに伴って予期せぬ収入減、あるいは収入が途絶えることも想定されます。その結果、家賃を滞納せざるを得ない状況になることも想定されます。

従ってあなたがどうしてそのような事態に陥り収入が減少し、その結果、家賃を滞納せざるを得ない場合は借主(あなた)が 貸主(相手)に  それを証明できれば契約不履行の正当な理由と解される思われます。

まずはあなたはすぐに話し合いの場を設定し、正当な理由であることを証明する必要があります。加えて具体的に滞納金の返済予定を説明する必要があります。

後日、彼より案ずるより産むが易しという題名で返信メールがありました。彼は私のアドバイスを実行し、その結果、支払いの滞りによる生活インフラの危機は一時的に回避出来たとのことです。その理由は、相手先である管理会社は彼の説明は信用できる、そして彼は相手の信頼を得ることができたからだと思われます。

人間関係のすべては信頼関係に尽きる

ストレス状況下では正しい判断が出来ない

私は彼の借金の申し出に対して即答しませんでした。いや即答できませんでした。それは2つの疑問が頭をよぎったからです。それは....

1. 彼はお金を借りることが最善の解決策なのだろうか?

2. 私はお金を貸すことが最善の解決策なのだろうか?

私が彼から電話を受けたとき、私は今まさに私のルーティンワークを行う直前でした。その目的地について車から出ようとしたそのときでした。電話の向こうの彼はかなりストレス状況下であることは容易にわかりました。しかし私にとっても即答を強いられることは同様にストレス状況下でした。

私は今までの経験からストレス状況下においては正しい判断が出来ないことを十分に知っていました。ましてや2つの疑問がある以上、即答は無理です。私はストレスフリー状態で、まず頭を整理して、次にいつものストレスマネージメント、あるいは心身をバランスさせる方法を行い、ハートに判断を任せます

Importance of Resilience (回復力の重要性)

シンプルメソッドとその効果

この方法は2018年現在、世界100の国で、500万人以上に実践され、25,000以上の医療・健康のプロ、そしてハートマス認定コーチによってストレスマネージメント、心身をバランスさせる方法、そして健康維持、健康回復の方法として推薦、そして指導されています。

私はこの方法で、毎日10分間、呼吸を整え、心臓に意識を向け、ポジティブ(肯定的な)、あるいは心地よい感覚を思い出しながら、セルフ・ストレスマネージメントを10年ほど継続しています。そして私自身がこのプログラムを指導するハートマス認定コーチです。

1日10分の3シンプル・ステップ

呼吸のリズムを整える

心臓に意識を向ける

ポジティブな感情を伴った経験を呼び覚ます

3シンプル・ステップの即効果

毎日、数分間、この心身一貫性(HRVコヒーレンス)の練習を行うことで、以下のようなストレスによる否定的な影響が軽減される、あるいは予防できることが科学的に明らかになっています。

圧倒感

慢性疲労

睡眠障害

不安

燃え尽き症候群

Kaz Masuda, Founding director, VedicRemedy, JAPAN

私はこのセルフ・ストレス・マネージメントを自分を変革し、人生を変革するために脳トレとセットでルーティン化しています。そして2015年にハートマス研究所よりこのメソッドを教育・指導するためのライセンスを取得しました。

Check it out with the Coach Directory
Check it out with the Coach Directory

Comments are closed.