Users Study

【セルフ・ストレス緩和トレーニングの利用効果】

このプログラムは楽しみながら自分で行うストレス・マネージメントとして開発されましたが、アメリカの病院では疼痛緩和プログラムとしても導入されてその効果が証明されています。

オハイオ州デイトンのグッド・サマリアン病院の健康センターに勤務するサリー・クラメンツはWild Divine社のウエブサイトを発見しました。

クラメンツは掲載されていたバイオフィードバック製品に患者のための有効性を見出しました。『これはきっと患者の痛み軽減のために役立つのではないかと思いました』と彼女はコメントしています。

クレメンツはまず腫瘍科の患者にテストを始めました。最初は乳ガン、大腸ガン、肺ガン、リンパとその他の腫瘍患者、50人(27歳から70歳)に参加してもらいそれを1年間の調査を行いました。同時に腫瘍科以外の21名の患者を加えて、合計71名の参加者を得て調査を始めました。

クレメンツはWong-Baker Faces scalesという疼痛(痛み)レベル計測を実施しました。これは疼痛のレベルを顔の表情に当てはめる計測法で笑顔から泣き顔の0から10段階で表示するものです。当初の集計では患者の平均値は5.8でした。『疼痛コントロールにおいて私たちの目標は4.0かそれ以下を目指していました』と彼女はコメントしています。

続いてリラクゼーション、瞑想、そして呼吸のプログラムを完全に終了した患者の集計が出ました。不快レベルは劇的に減少し、疼痛レベルにおいても平均値が1.1まで現象しました。この値は81%の疼痛レベルの減少を達成したことになります。

このプログラムは疼痛緩和のための医薬品を投与する必要性のある患者にとっては明らかに効果が実証されました。クレメンツは『このプログラムの効果は劇的です』と言っています。サマリアン病院全体もこの効果に大変期待を寄せています。

【Wild Divine’s Biofeedback Program Offers Huge Relief to Patients】

Sally Clements, R.N, of the Samaritan Well-Being Center at Good Samaritan Hospital in Dayton, Ohio came across the Wild Divine website.

Clements thought that Wild Divine’s biofeedback program might provide a benefit to patients at the hospital. “I thought it could serve as a tool for people who are in pain and need a distraction,” she says.

Clements began testing its effects on patients in the hospital’s oncology department. Initially, 50 participants (ages 27 to 70) diagnosed with breast, colon, lung, lymphoma and other cancers began participating in the investigative study that lasted for a period of one year. Eventually an additional 21 patients from labor and delivery, mental health and orthopedics were added to the study for a total of 71 participants.

At the start of the process, Clements measured patient pain levels using the Number Scale/Wong-Baker Faces scales of pain. In the former, pain is measured from 0 to 10, with 10 being the worst pain; the Wong-Baker scale uses a continuum of smiling and grimacing faces. Once participant’s responses were averaged, the mean pain score was 5.8. “For pain control we like to keep patients level of pain at a 4 or lower,” says Clements.

Pain scores were tallied again once patients completed Wild Divine’s relaxation, meditative and breathing exercises. Discomfort levels dropped dramatically. Pain scores averaged 1.1 after using the program. A whopping 81% decrease in pain.

The therapy had such a positive impact on lessening pain that some participants actually were able to reduce pain medicine intake according to some patients. “The results were thrilling,” says Clements. Good Samaritan Hospital was excited by the findings, too.

【Healing Rhythmsのユーザー100名の利用効果アンケート結果】

2007年4月、Wild DivineがHealing Rhythmsのユーザー100名に利用効果のアンケートを実施しました。その集計の結果、ストレス緩和に効果が期待できることが明らかになりました。

【Healing Rhythms User Study conducted by Wild Divine in April 2007 to 100 customers】

The result of survey has been shown very much positive with great or somewhat reduced the prior symptoms as you can see the top two score in the chart_9.

図 1 プログラムを利用する目的、あるいは何を期待していますか
図 1 プログラムを利用する目的、あるいは何を期待していますか
Chart_1: What goals or expectations did you originally have when you purchased Healing Rhythms?
図 2 プログラムを利用し始めてどの位ですか
図 2 プログラムを利用し始めてどの位ですか
Chart_2: How long have you been using Healing Rhythms?
図 4 プログラムの練習時間は1囘にどの位ですか
図 3 プログラムの練習時間は1回にどの位ですか
Chart_3: How long are each of your Healing Rhythms’ session on average?
図 4 プログラムはあなたの期待に応えることができましたか
図 4 プログラムはあなたの期待に応えることができましたか
Chart_4: Has Healing Rhythms met your expectations?
図 5 プログラムを誰かに勧めたいと思いますか
図 5 プログラムを誰かに勧めたいと思いますか
Chart_5: Would you recommend Healing Rhythms to anyone else?
図 6 プログラムを誰に勧めたいですか
図 6 プログラムを誰に勧めたいですか
Chart_6: Who would you recommend Healing Rhythms to?
図 7 プログラムの使用前のストレス度
図 7 プログラムの使用前のストレス度
Chart_7: How would you rate your level of stress prior to using Healing Rhythms?
図 8 プログラムの使用前の症状(複数回答)
図 8 プログラムの使用前の症状(複数回答)
Chart_8: Before using Healing Rhythms, did you typically experience any of the following symptoms?
図 9 プログラムの使用後の症状改善状況(図8に対して)
図 9 プログラムの使用後の症状改善状況(図8に対して)
Chart_9: How has Healing Rhythms changed altered any of the above symptoms you were experiencing prior to using our program?

【目に見えないものを視覚化できる】

今までは呼吸法や瞑想法を教える側も教わる側もその内面の変化を誰にでも見えるように視覚化することができませんでした。

しかしこのバイオフィードバックのハードウエアとソフトウエアを用いた方法では教える側も教わる側も内面の身体的な変化を視覚して共有できるようになりました。

私が使用してみて思うことは、それぞれ得られる身体データを読み取り、それを説明してもらい、より上達のために目標を設定しながら、練習を続けるためにはインストラクター、あるいはコーチについて練習するのがよいと思います。

例えばデータとして得られる心拍数変動性(HRV)と皮膚発汗度(SCL)も呼吸パターンも目標にすべきものはあるがこれがベストというものはありません。

ヒーリング・リズム(Healing Rhythms)を利用したストレス緩和トレーニングによって、一人一人が持っている「癒しのリズム」を見つけ出すことが可能になりました。また指導者は今まで見えなかったものが視覚化されるためより正確にサポート出来るようになります。

詳細はWild Divineのサイトにて