鑑定書の読み方 Part1

インド占星術鑑定書の読み方
【インド占星術鑑定書の読み方】

鑑定は占いではありません。鑑定とは依頼されたことに対して検証し結果を依頼者に報告するものです。その報告書を鑑定書と呼びます。

鑑定書には結果を導き出した過程(プロセス)とご質問への回答が記述されます。つまり分析の根拠と結果がセットになっている鑑定報告書なのです。依頼に対して報告書を提出する。これが鑑定というものであり、報告書のないものは鑑定とは言えません。

巷では鑑定と称して口頭のみで依頼主(クライアント)に何も証拠を残さない方法が多く見られますが、これは鑑定士の責任を回避するためだと思われます。つまり後で依頼主様からの指摘に関していかようにも言い逃れをするためではないかと思えてしかたありません。あなたが受けた鑑定は鑑定書がありましたか?

それでは実際にインド占星術の鑑定書を見てみましょう。これは弊社に依頼された「今最適な行動を起こす」、英語名は”Know your Life Script and the Best Action”です。そのオリジナルレポート(鑑定書)の見本です。もちろん個人情報はすべて削除して閲覧していただきます。

それではこの鑑定書を例に「鑑定書の見方、あるいは読み方」を解説いたします。

鑑定書の表紙(1ページ目)
鑑定書の表紙(1ページ目)

2ページ目
2ページ目

【出生情報】

2 ページの冒頭には次のような個人情報が隠されています。

      1 氏名

 

      2 誕生年月日

 

      3 誕生時間

 

    4 誕生場所

【出生図】(BIRTH CHART)

続いて出生図、あるいは誕生図が記載されています。

クライアント様は、あなたの星座(第1室)はおとめ座です。その支配星は水星でやぎ座(第5室)にあります

《解説》

出生図は、インド語ではラシ・チャート、英語ではホロスコープ(Horoscope Chart)と呼びます。これは誕生した時にその場所から見た東の天空を上昇している星座を第1室として天体の星座と惑星の配置を図にしたものです。これは北インド式の図です。他に南インド式があります。

【質問図】(QUESTION CHART)

質問を受けてその内容を分析するときには質問図というものを作成します。それはクライアントが質問を発したその時間と場所をもとに質問図を作ります。これは質問のタイミングから質問内容を分析するときに利用します。

【序文】(Introduction)

ここにはインド占星術というのは個人の生まれついた秘密を明らかにできることがが紹介されています。その人の生まれついた強み(優位性)と弱み(劣性)、運命付けれた特徴、精神的、肉体的特長などが明らかにできると書かれています。

そしてインド占星術士というのは、個人の人生における事象を予見するだけでなく、具体的な運命改善の処方箋を提供することで、肯定(吉)的な事象をより支援したり、反対に否定(凶)的な事象の発生を緩和させるための支援やアドバイスを行っていると説明されています。

3ページ目
3ページ目

【人生の4つの目的】(The four aims of life)

インド占星術を生み出した思想体系であるヴェーダには人生をよりよく理解するための概念があります。これらはヨーガやアーユルヴェーダにも共通する重要な概念です。よりよい人生を生きるための考え方が説明されています。

インドの思想体系であるヴェーダによると人生の4つの正当な目的と目標は、ダルマ(Darma)、アルタ(Arta)、カーマ(Karma)、モクシャ(Moksya)といわれます。

1. 「ダルマ」とは「法と秩序の原理」を意味していて、人生における名誉と名声を得るための必要性について明らかにします。現代社会的な意味に置き換えるとすると、これは「法則」、あるいは「使命」「職業」と呼ぶことができます。

2. 「アルタ」とは果たさなければならない日常の義務と責任の中で特に財産、あるいはお金を稼ぐという「目標を達成」することを意味しています。私たちは日常の義務と責任を果たすためにお金を稼がなければなりません。

3. 「カーマ」とは文字どおりには「願望」を意味していて、人生における感情と感覚を満たすための必要性について明らかにします。これを「楽しみ」と呼んでいます。人生においてなすべきことはすべて楽しみであるべきであり、他人や自身の苦痛の種であってはなりません。「願望」なくしてあらゆる行動も努力もありません。

4. 「モクシャ」とは解放、または自由を意味していて、ダルマ、アルタ、カーマの3つ超えて精神的発達を成し遂げることにあります。私たちは自分だけのためのを超えて他のための自分を追及しなければなりません。

【人生の4つの目的における3つの段階】(3 distinct stages or process of the four aims of life)

自然界のあらゆる現象は次の3つの段階(過程)を経て現象化します。
第1段階は「種」です。第2段階は「成長」です。種は成長に必要な環境が整えばやがて芽を出し成長します。 第3の段階は「果実」です。植物の最終の結果として花と果実の中に種を身ごもる最後の段階です。

【出生図から読み取るあなたの運命づけられた人生の台本】(Your ordained life script as per your horoscope chart)

惑星はその宇宙のドラマの中である人の人生の台本に沿って影響を与え、批判をしたりします。惑星はときに賞を与え、罪を与え、またその人にブレーキをかけたりもします。占星術の力を借りて私たちは、それぞれの人生の変数(変化する部分)をよりよく理解することができるのです。

4ページ目
4ページ目

【あなたの運命づけられた人生の台本を測定する】(Ordained Life Script Score Calculation)

表は全12ハウスのそれぞれのハウスの吉意度数を計算する検査法の一つです。通常、各ゴールの追及は84が平均値となります。それぞれのゴールの合計は常に337であるので、各ゴールの得点が84以下、あるいはそれ以上であるということは特定のゴールに対して偏りあることを意味しています

【出生図から読み取るあなたの運命づけられた人生の台本】(Your ordained life script as per your horoscope chart)

ゴールの追跡の得点が高得点、あるいは84より高い項目は、それが今の人生で大きな成功を収めるであろうということを意味していません。それはあなたの過去生において、その追求を軽視、あるいは無視したことを意味しており、今の人生おいてはそれらを楽しむか、重視することを意味しています。

【このことはあなたの人生において何を意味するのでしょうか?】(What does it mean for your life?)

これらを総合的に判断することで、あなたはこの人生で『何を得るために生まれてきたか』『どのように生きていくのか』『何が得られるのか』『それが何時なのか』を明確に助言することができるのです。

5ページ目
5ページ目

【あなたの質問】(Your Question)

このクライアント様はある病気を抱えられていて、結婚パートナーに出会い、結婚、そして出産を願望されています。そして今最適な行動の助言を求められています。

【私たちの回答】(Our Answer)

担当鑑定士は以下の手順で総合的に分析して結論を導きだします。

1. 出世図における質問に関連する惑星とハウスの分析と結果

出生図における健愛情、恋愛、楽しみ、および感情を象意(意味)している惑星である金星、感情を象意している惑星である月、そして人間関係を象意(意味)している惑星である水星の星位(惑星の強さと影響力)を分析しています。

その結果、どれも星位(惑星の強さと影響力)が弱いことが分ります。以上のような惑星の力の弱さは通常、恋愛を楽しむこと、感情的な、あるいは男女の関係による喜びを阻害する原因となります。

《解説》

それぞれの惑星の星位を詳細に分析するために、鑑定士はあらかじめ3つの検査法、あるいは分析法を用いて、9つの惑星と12のハウスを数値化し、7段階の評価法を行っています。その結果に基づいて総合判定を行い、惑星の力が弱いという一般向けの分かりやすい表現方法で記述しています。

2. 未来予測システム 惑星時期(ダシャー)の分析と結果

(2012年4月13日)現在は、土星の第一惑星期間の中の月の第二惑星期間を通過しています。この第二惑星期間は、2010年11月8日から始まり2012年6月7日まで続きます。月は出生図において収入、獲得、友人関係、願望などを象徴しています。また心、心の平和、富なども象徴しています。

出世図における月の力が弱いために、健康や個人生活の問題を生じ、ストレス状態におかれることを示唆しています。従ってあなたは感情をコントロールしながら、健康に必要な注意を払いながら月の第二惑星期間を安全に通過させるべきです。

《解説》

インド占星術にはあって西洋占星術にはない、惑星時期(ダシャー)と呼ばれる未来予測システムを用いて分析をしています。このシステムは人生最長120年の間に惑星が支配する時期を割り当て、その時期にある特定の出来事が生じる可能性を予測するシステムです。

6ページ目
6ページ目

3. 病気の原因についての分析と結果

出生図において火星は障害、結婚、寿命を象徴するハウスの支配星です。また火星はそれ自体が身体における筋肉と血液を象徴しています。そして火星は紛争と病気を象徴するハウス(6室)の支配星である土星によって悪影響を受けているためにその惑星の力は弱められています。その土星と火星はともに凶星であり、しかも10室と4室に在住(位置)してお互い悪影響を与え続けています。この二つの惑星の互いの悪影響がまさにあなたの健康問題、とりわけ筋肉の退行的な弱体化を引き起こしている原因と断言できます。

4. 結論

結論として、出生図と質問図の両方を精査した結果、あなたが近い将来において友人や恋愛などの親密な関係を築くために惑星からの支援とあなたの周囲の人々からの得られる支援が十分に得られることは出来ないと言えます。

その結果、あなたの結婚願望の成就は難しいと言わざるを得ません。従ってあなたの今最適な行動は何かというご質問についての私からの適切なご提言はただ一つ、配偶者、結婚、そして家庭生活の喜びを象徴するハウス(7室)の支配星であり、また女性にとっては夫と子供を象徴する惑星である木星のエネルギーを強化するための処方箋以外に他の解決策を申し上げることが出来ません。以上、ご返答申し上げます。

【インド占星術処方箋】

最後に、このクライアントの願望を実現するために最適化された処方箋の選択とアドバイス。このクライアント様の場合は宝石療法となっています。

1. その木星のエネルギーを強化するための処方箋として3カラット(1カラットは200mg)の イエロー・サファイアを それは金の台座で指輪を作り、それを右手の人差し指(第2指)に 身に着けるようにします。指輪は木曜日の朝に身に着けることをお勧めいたします。

2. のエネルギーを強化するための処方箋として6-7カラット(1カラットは200mg)のパール(真珠)を金あるいは銀の台座でペンダントを作り月曜日の朝に身に着けることをお勧めいたします。

7ページ目
7ページ目

【日本語による付録】

ここでは担当鑑定士のプロフィールとご依頼の質問、出世図における第1室の星座とその支配星、鑑定ご依頼時点の現在の惑星時期、インド占星術処方箋の日本語訳などを記述しています。

8ページ目
8ページ目

【弊社と提携先のロゴ】

弊社のロゴと連絡先、そして提携先のロゴとそのURLを記載しています。

インド人プロ鑑定士によるインド占星術カウンセリングサービスはこちらでご注文いただけます

(お支払い方法は、クレジットカード、銀行振込を用意しています。)