Archives : インド占星術鑑定レポート

  • 一問一答鑑定【日本語翻訳レポート】

    一問一答鑑定日本語版レポート【日本語翻訳レポートにて納品】

    さまざまな問題を抱えた現代社会は、まさに先の読めない不透明な時代といえます。さらに、我々の人生には、さまざまな想定外の出来事が起こります。そして多くの懸念が同時多発的に存在しています。それらは短期的に解決するものもあれば、長期的に解決しない懸念も多くあります。私たち一人一人がそれを1人で解決できるものもあれば、誰かの協力を得なければ難しいものもあります。

    Continue Reading…

    Continue..
  • 自由質問組み合わせ鑑定【最小2問から最大5問】

    自由質問組み合わせ鑑定【最小2問から最大5問】

    さまざまな問題を抱えた現代社会は、まさに先の読めない不透明な時代といえます。さらに、我々の人生には、さまざまな想定外の出来事が起こります。そして多くの懸念が同時多発的に存在しています。それらは短期的に解決するものもあれば、長期的に解決しない懸念も多くあります。私たち一人一人がそれを1人で解決できるものもあれば、誰かの協力を得なければ難しいものもあります。

    VedicRemedy(ヴェーディックレメディ)は、現地インドの占星術専門会社と提携し、熟練したインド人プロ鑑定士によるカウンセリングサービスを行っています。 あなたが今かかえている問題について、現地の専門家が多角的にホロスコープを鑑定し、解決のため最適なアドヴァイスや処方箋を提供させていただいています。

    2016年1月29日、自由質問組み合わせ鑑定という新しいサービスを開始しました。今まで多くの方にこのようなサービスがあればよいという声をいただいていました。大変長らくお待たせいたしました。その概要をご案内させていただきます。
    Continue Reading…

    Continue..
  • 2016年 あなたの職業(業績や収入)の重要な出来事を予測

    2016年 総合運勢レポート(1年間)【インド占星術 2質問】

     
    職業(業績や収入)における重要な出来事を予測するナーディ占星術

    南インドのナーディ占星術、またの名をアガスティアの葉、は出生チャート(ホロスコープ)の太陽の位置に対する土星のトランジット(一時通過)の分析をすることで職業(業績や収入)における重要な出来事の予測を可能にします。

    土星は人生60年までに1つが30年から構成される2つの基本的な通過サイクルが知られています。土星はそれぞれ12ハウス(12干支)の各ハウスを一定期間とどまりながら通過していきます。
    最初のサイクルは0歳(誕生)から30歳までの通過サイクルです。その期間、あなたは初、中、高等教育を終了し、選択した職業に就き、職業人生を体験します。次のサイクルは30歳から60歳までの通過サイクルです。この期間、あなたは職業的プロとしてその業績を積んでいきます。
     
    南インドのナーディ占星術(アガスティアの葉)においては、この土星の2つの通過サイクルにおいて4つの職業(業績と収入)の重要な出来事があるといわれています。

    Continue Reading…

    Continue..
  • 2016年 総合運勢レポート(1年間)【インド占星術 2質問】

    2016年 総合運勢レポート(1年間)【インド占星術 2質問】

    【新サービス登場】 

     
    2016年の総合運勢を詳細に分析する鑑定レポートです。「あなたの運命付けられた人生の台本」を明らかにし、2016年1年間における人生の主要な13カテゴリー、例えば仕事、経済、幸福、健康など)についての運勢(吉凶度)を数値化しグラフにし、また誕生から120年を支配する9つの惑星の時期の表とそれぞれの時期におけるあなたへの影響を懸念を要約する一押しの鑑定サービスです。自由質問を2問お答え下さい。
     
    2016年 総合運勢レポート(1年間)【インド占星術 2質問】
    ● 会員の皆さまは2015年10月30日までに早割予約いただくと定価より15%割引(会員価格よりさらに10%割引)をさせていただきます。それ以降は会員価格でお求めになれます。どうぞこの期間限定の早割15%をご利用下さい。会員でない方は新規会員登録をなさって下さい。

    Continue Reading…

    Continue..
  • 木星の移動から最大の支援を得るためのレポート【木星による仕事と収入の向上支援】

     木星の移動から最大の支援を得るためのレポート【木星による仕事と収入の向上支援】

    【サービス概要

    インド占星術において木星(グル)は知恵と自制を象徴する惑星です。またリーダーとしての宗教性や精神性をも意味します。この木星が2015年7月14日から2016年8月14日の1年の間、獅子座を通過します。

    一般的にビジネス企業において経営は厳しいものです。一定の売上を継続していかなければ企業は存続できません。富と財産を象徴する木星は2015年7月14日から2016年8月11日までの約1年間をかけて獅子座を通過していきます。この1年間は特に仕事と収入、人間関係、恋愛と結婚などの場面に大きなインパクトをもたらします。

    この鑑定レポートは木星が獅子座にとどまる約1年間、あなたの私生活と職業生活においてどのように友好的、あるいは敵対的にインパクトを与えるのかを鑑定いたします。その到来を事前に掴んで人生の対策や戦略に最大限に活用していただきたいと願っています。

    Continue Reading…

    Continue..
  • ■ 鑑定ご依頼のための質問の仕方ガイドライン

    鑑定依頼のご質問ガイドライン【最適な回答を得るためのアドヴァイス】

    【鑑定ご依頼の質問の仕方】

    鑑定をご依頼になる際に自由質問を設けております。ご質問が具体的であればあるほどご回答が具体的になります。ご質問を考えられる際には、どちらとも取れるような回答を避けるためにも、質問をよく考えられてより具体的になさることをお勧めします。インド人鑑定士から最適な回答を得るためのアドヴァイスをまとめましたのでご参考にして下さい。

    【ご質問の仕方ガイドライン】

    1. 質問を実際に書き出してみて下さい

    すると重複する箇所や同じような意味を発見できると思います。共通部分は一つ表現にまとめると頭の中も文章もスッキリします。

    2. 質問に優先順位をつけます

    質問数が決まっている場合にはその数に絞らなければなりません。その場合には優先順位をつけます。例えば今知りたいこと、早く知りたいことなどを基準にして考えると優先順位をつけることが出来ます。

    3. 質問は肯定的な仕方がよいです

    例えば2つの選択肢からどちらかを選びたいけど、なかなかどちらと決めかねているという状況がありますね。そんな場合は「どちらを選ばない方がいいのか」と聞くのではなく、「どちらを選ぶ方が最適なのか」と肯定的に質問をする方がよいのです。同じようにあらゆる質問はあなたがよりよくなること、あるいは問題を解決するために最適な選択をするためにお尋ね下さい。

    4. 解決を求める回答を期待して質問下さい

    あなたが誰かに何か悩み事を相談されたときに、相手があいまいな質問にはあいまいな返答しかできないことを経験していると思います。またあいまいな質問からは相手のそれを本気で解決しようとする真剣さが伝わりません。だからこの人にはこの程度のあいまいな回答でいいだろうと思ってしまうものです。経験豊富なインド人プロ鑑定士には質問の内容を見てあなたの解決しようとする本気度も伝わってしまうものです。ですから「解決の答えを求める」質問をして下さい。

    5. 質問を簡潔な文章にして下さい

    1-4までを終えるとそれだけで問題の整理が出来ることに気づくかもしれません。これでご質問の主旨がさらに明確になると思いますのでよろしくご質問下さい。

    Continue..
  • ■ 出生時間の特定鑑定サービス

    出生(誕生)時間が正確に分からない人のために人生の出来事からに出生時間を特定する特別な鑑定サービスです。

    【出生時間の特定鑑定】

    弊社のインド占星術鑑定サービスの中で一押しがこの出生(誕生)時間の特定サービスです。今日はこれについて少しお話させていただきます。

    数ある鑑定サービスの中で最も 高度な技術と経験を要求されるのがこの出生時間の特定、あるいは出生時間の修正サービスです。出生時間の特定は出生時間がまったくもって不明な人のためのものです。出生時間の修正サービスは一部不明な方のサービスです。

    例えば○○時から○○時の間だと聞いている。あるいは○○時だと聞いているが疑わしいので修正してほしい。あるいは色々占星術を受けては見たものの、どうもしっくりこないので、時間が本当に正しいのかどうかを検証してほしい。などのご要望に対応しています。

     

    先日このような依頼がありました。クライアント様によると、「母からは、除夜の鐘の音とともに生まれたと聞いています。昔のことですので、1月1日生まれということになっていますが、母の話しぶりを思い出すと12月31日のうちに生まれたのではないかと思います。」 つまり誕生日は19○○年の12月31日、00:00前だと言うことです。あるいは翌年の1月1日という可能性も大いにあります。

    日本ではかつて自宅出産のため出生時間を正確に記録するという習慣はありませんでした。さらにはし誕生日を意図的に操作して役所に届けるということも当たり前のようにありました。ちなみにインドでは子供の誕生の際には必ず二人が誕生の時間を記録するというのが原則なのです。それほど出生時間を正確に記録するのはその子のよりよい将来のためなのです。少年期のときは親が子供の人生を、青年期以降は自らが自分の人生のさまざまな悩みや疑問をインド占星術に相談するためです。決して占ってもらうのではなく、よりよい人生を歩むために相談するためにです。

    話が少し横にそれましたが、結局、このクライアント様の出生時間は翌年の1月1日、1:15分(許容誤差+-5分)と判定されました。その出生時間の特定鑑定レポートにはどのようにしてこの出生時間を導き出したのかが説明されることになっています。それを少しご紹介いたします。

    出生時間の特定サービスでは12の詰問に答えていただきます。例えば最終の教育課程を終えた時期、最初の就職と収入の時期、結婚と離婚の時期、第一子の誕生日とその性別、両親と兄弟姉妹の生存の有無、家族と死別した場合にはその死亡日、そして最後に身体的な特徴などを情報としていただきます。

    担当鑑定士のDr.J.N.Pandey(パンディ博士)はこれらの情報を精査してまず最初にその人の身体的な特徴からその人の上昇宮であるアセンダント(第1室)を推定します。

    アセンダントの可能性は全部で12星座(12室)ある訳ですが、それぞれが基本的な特徴を持っていますので、経験豊富なプロ鑑定士はクライアントの身体的な特徴と合致するアセンダントを1つに絞りこみ仮説を立てることが出来ます。そして誕生日当日の夜22:00から翌年の朝03:20までの間で違う出生図を10個作り、アセンダント(上昇宮)を推測します。その結果、アセンダントがてんびん座であることを推論づけました。

    アセンダント(第1室)が推定出来ると同時にその時間枠が特定されます。てんびん座の場合は、翌年の00:55分から03:20分という時間枠でした。続いてその2時間30分という時間枠の中から出生時間を分単位で特定する膨大な作業に移ります。

    Dr.J.N.Pandey(パンディ博士)はその検証にはインド占星術特有の惑星時期(ダシャー)という時期計測の技術を使います。実はこれが他の占星術で最も違う技術の一つで、現在過去未来の出来事を正確に予測する技術なのです。

    そしてすべてを検証した結果、このクライアント様の出生時間は19○○年の12月31日、00:00前ではなく、翌年の1月1日、1:15分(許容誤差+-5分)と判定されました。

    Continue..
  • ■ インド占星術のカルマに対する鑑定

    インド人プロ鑑定士とネット通信による直接鑑定。日本人鑑定士の通訳付き

     

    弊社のインド占星術鑑定サービスの中でよくご質問を受けるのが「カルマ」に関する鑑定依頼です。今日はこれについて少しお話させていただきます。

    カルマとは作用と反作用の自然界の法則のことです。ややもすれば過去生より受け継いだ宿命、あるいは業(ごう)などと訳されることがあります。しかし宗教的な意味で用いられる言葉ではありません。神秘的な意味で使われる言葉でもありません。

    植物は発芽する条件が整えば自然に芽を出し、成長して、花をつけ、最後に実をつけて自分の子孫を増やしていきます。カルマの法則とは、正に自然界の営みの中で連続している生命活動の法則と同じです。人は植物とは違い自分の意思で考え、判断し、行動することができます。ですからカルマの法則とは「自分で捲いた種を自分で刈り取る」ということなのです。

    この基本になっている考え方は、「人は輪廻転生を繰り返している生命体」であるということです。皆さんの中には人が魂を持っている生命体であることは理解できるが、輪廻転生を繰り返しているかどうかは信じられない、あるいは人が動物や昆虫などに、またはその反対に輪廻転生を繰り返しているとは思えない、などなどさまざまな意見や思いがあると思います。

    それを証明することはとても難しいのでここではそのような議論はしないでおこうと思います。ただ、私の経験から、人は魂を持っている生命体で、その生命体が使えなくなった肉体を脱ぎ捨てて生命体へと戻り。必要があればまた別の新しい肉体を得て数十年という短い人生の喜怒哀楽を経験していると確信しています。

    さて本題をインド占星術鑑定に戻しましょう。過去のインド占星術に関する著作の中で、「日本人は西洋人に比べて精神的な質問が多い」と聞いていました。例えば、「私の天職は何でしょうか」、「私の使命は何でしょうか」、あるいは「私のカルマは何でしょうか」などは日本人特有の精神性を現した質問のようです。

    実際に弊社の鑑定サービスの中でも同じようなことが言えます。そして最近特に多いのが「私のカルマは何でしょうか」、「私の人生のテーマは何でしょうか」です。弊社ではこのような質問を一問一答鑑定サービスでちょうだいすることが多いのですが、インド人プロ鑑定士に依頼するときにはご質問に加えて必ずその説明だけでなく具体的なアドヴァイスを記述してもらうように依頼しています。その内容を少しだけご紹介しましょう。

    カルマに関する鑑定をする際には、鑑定士は必ず出世図(Rashi Chart)のアセンダント(第1室)、第8室、第9室の支配星を検討します。室が象意(意味)しているのはそれぞれ次の通りです。

    • 第1室:身体(健康)
    • 第8室:寿命(生命)
    • 第9室:行為(宗教性)

    先日の鑑定である方はそれらの支配星がすべて同じ室(第4室)に在住(配置)していました。
    第4室が象意(意味)するものは、母親、あるいは生まれた場所、地域、そして土地や建物などの資産を意味しています。

    その結果、鑑定士は依頼主が生まれた場所、あるいはその近くに住居を構え、家族を持って夫と子供を世話することが一つの引き継いだカルマであり、その責任を果たすことが依頼人が自分のカルマを消化していく行為であることを示唆しました。同時にまたその母性を同じ場所と地域に向けて拡大、あるいは拡張していく仕事、あるいは活動がもうひとつのカルマに対する行為であると示唆しました。

    実際に依頼人は生まれた場所で早くに結婚されて家族を持ち、夫と子供への責任を果たしながら、長らく地域で子供向けのある教室を運営されているとお聞きしました。

    「私にとってその子供たちはわが子と同じで、200人以上の大勢の子供を育てているという気持ちで仕事をしています」との言葉が私の心にも温かく届きました。

    正に依頼人はご自身のカルマを知り、それに基づいて人生を生きていらっしゃる方そのものでした。このような方にとって、インド占星術は「自分の使命や行動が間違っていない」とことを再確認できる手段となったに違いありません。

     

    Continue..
  • ■ 運命づけられた人生のシナリオとは?

    人生のシナリオを知って今最適な行動を起こすための助言

    弊社は提携しているインド占星術専門会社であるサイバーアストロ(Cyberastro)と何か私たちにできることはないかと検討し、協議の上、このたび日本だけの特別鑑定サービスを提供させていただくことになりました。

    インド占星術はカルマ(因果応報)を読み取り、適切な助言ができる

    インド占星術はあなたが受け継いだ強み(優れた点)と弱み(劣った点)という地図を提供しています。出生図(ホロスコープ)には、過去生のカルマ(因果応報)、家族、友人、配偶者、相手との人間関係だけでなく、神的(宇宙的)に運命付けられた職業、結婚、そして社会的な運命などに関する今生の精神的、身体的能力明らかにすることができます。

    実際の鑑定レポートには「人生のシナリオ」に関するいくつかの表が記述されます。今回はその「表の得点の意味するもの」をご紹介します。

    あなたの運命づけられた人生のシナリオを読む

    House and Process associated with each house

    各ハウスの3つのプロセス

    Ordained life script score table

    得点の意味するもの

    アシュタカバルガ(AB)得点が28以上の場合にはある事象が現象化する3つのプロセスは大きな困難を伴わないで比較的スムースに進行していきます。その理由は、それに関係する惑星とハウスに対するその影響は支援的、あるいは調和を保っているからです。

    重要なことは、惑星からのこの調和的な影響は支援的に作用するということです。これはあなたの人生にとって大変有効です。またあなたの能力を最大限に生かすことに利用すべきです。

    アシュタカバルガ(AB)得点が28以下の場合にはある事象が現象化する3つのプロセスは大きな困難や障害を伴なって進行していきます。その理由は、それに関係する惑星とハウスに対するその影響は否定的なエネルギーとして影響を受けるからです。

    つまり28以下の場合には多くの困難と障害が待ち構えていることを示しています。これはあなたの人生にとって辛いことです。このことをよく理解して生きていかなければなりません。

    神のご加護によりあなたに平和と繁栄と幸福がありますように!

    敬具
    サトラジット・ムジャンダール(インド占星術鑑定士)

    このサービスの詳細とお申込みはこちらです

    ● 人生のシナリオを知って今最適な行動を起こすための助言

    バックイシュー(過去の関連記事)はこちらです

    ● ■ 特別企画!人生のシナリオを知って今最適な行動を起こすための助言

    ● ■ インド占星術のカルマに対する鑑定

    Continue..
  • ■ 出生図から読み取るあなたの運命づけられた人生の台本

    Know Your Life Script and the Best Action

    インド占星術はあなたが受け継いだ強み(優れた点)と弱み(劣った点)という地図を提供しています。

    その出生図には、過去生のカルマ(因果応報)、家族、友人、配偶者、相手との人間関係だけでなく、神的(宇宙的)に運命付けられた職業、結婚、そして社会的な運命などに関する今生の精神的、身体的能力明らかにすることができます。

     

    興味深いことは私たち一人ひとりが人生のそれぞれの目的に対して何時、何を行うのかを決定付けられている、いわゆる神に運命付けられた「人生の台本」に沿って人生を生きているということです。

    もちろん人生の目的への追求は同時進行的に行われています。しかし私たち一人ひとりは出世図の中に霊的に配置された惑星配置に隠されたそれぞれ違う人生の台本を持っており、占星術士はその分析によってそれが意味することを理解するのです。重要なことは人生の台本を発見する支援をすることなのです。

    惑星はその宇宙のドラマの中である人の人生の台本に沿って影響を与え、批判をしたりします。惑星はときに賞を与え、罪を与え、またその人にブレーキをかけたりもします。占星術の力を借りて私たちは、それぞれの人生の変数(変化する部分)をよりよく理解することができるのです。

    しかしその理解は最終的なものと思ってはいけません、なぜなら惑星はその人の過去生のカルマ(行為とその反作用)に基づいてある傾向を現すからです。今生(現在生)におけるよい行為によって過去のカルマは大きく変更することができます。つまり現在のカルマによって過去生のカルマを拡大させることも縮小させることもできるのです。

    弊社のインド占星術慣例レポートサービスである「運命的な人生のシナリオを理解し、最適な行動を起こすための助言」より抜粋

    今すぐ最適な行動を起こすためには、あなたの人生の運命的な意味を知ることで迷いなく行動できるに違いありません。

    さあ今すぐご質問下さい!

    Continue..