Archives : 鑑定書の読み方

  • 鑑定書の読み方 Part 4



    インド占星術鑑定書の読み方

    鑑定は占いではありません。鑑定とは依頼されたことに対して検証し結果を依頼者に報告するものです。それが鑑定書です。鑑定書には結果を導き出した証拠も記述されます。口頭のみで何も証拠を残さないのは単なる相談だと言えます。また責任を回避するためでしょうか?あなたが受けた鑑定は鑑定書がありましたか?

    今回は鑑定士が鑑定の根拠とするデータとなるその分析法と評価方法についてお話いたします。

     

    出世図とは

    ホロスコープ(出生図)はあなたの誕生日、誕生時間、誕生場所に基づき作成されたその時点の天空図です。すべての惑星と12の星座の配置図です。それはまた誕生時間に東の空に上昇しつつある星座を特徴付けています。これをアセンダント(上昇宮、上昇星座)と言います。アセンダントは個人を最も特徴付けるサインと言えます。



     

    出世図の査定方法

    ヴェーダ占星術では、個人が生まれた日時と場所から見た天空図である、出生図(ホロスコープ)に配置された各惑星の強さと吉凶(良し悪し)という機能性を決定するために複雑な数学的モデルを開発しました。言い換えれば惑星の量的強度を数値化することで惑星間の強弱が比較できます。

    また点数に応じて評価基準を設けることで例えば最も優れているから最も課題のあるまで7段階の評価基準を設定することができます。その分析法が次の3つです。この3つの分析法を使って出世図における全ての惑星の強度とそれらがあなたの人生にどのように作用するのかを査定します。

    シャドバル

     

    これは人生においてよくも悪くも影響を与えるそれぞれの惑星の絶対的な強度を計測する方法です。

    ヴィムショパカバル

     

    人生の第1/第2/第3惑星時期においてその時期を占有している惑星がどの程度、幸運、あるいは困難をもたらすのかを計測する方法です。

    アシュタカヴァルガ

     

    絶えず移動しているそれぞれの惑星がある星座から星座へと移動する際にその惑星がどの程度、幸運、あるいは困難をもたらすのかを計測する方法です。

     

    各惑星の強度と吉凶度の評価方法

    3つの分析法を用いて査定したものが次の3つの表です。

    1. 惑星表

     

    7つの惑星と2つの影の惑星(太陽と月の交点)のそれぞれの惑星の量的強度と機能的吉凶(良し悪し)を査定します。



    2. ハウス表

     

    12の星座に対応した第1室から第12室のそれぞれのハウスの量的強度を査定します



    3. 惑星時期表

     

    惑星の影響が人生という時間の推移と段階(レベル)においてどのように作用するのかを最も正確に判定できるシステムです。



    7段階の評価基準

     

    3つの分析法を用いて惑星表によって9つの惑星の強度が、ハウス表によって12ハウスの強度が、そして惑星時期表によって9つの惑星時期の組み合わせが時系列に表現されます。鑑定士はそれぞれの9惑星と12のハウスのそれぞれの量的強度と機能的吉凶(良し悪し)を最終評価します。これが鑑定の根拠となるデータとなります。その評価基準とは以下の通りです。

    1. 最も優れている
    2. かなり良い
    3. とても良い
    4. まあまあよい
    5. ふつう
    6. 課題のある
    7. 最も課題のある

    4. カルマ指数表

     

    カルマ指数表とは惑星が星座間を移動することによって惑星の質量的な強度を計測するものです。例えば5年間においてそれぞれのハウスにおける吉と凶の度合いを示したものです。これによって次の5年間において、その可能性を最大限に利用するための戦略的なタイミングのみならず困難な時期を無事に過ごすためのそれを行わないタイミングなどに役に立つものです。



     

    プロ鑑定士は医者と同じように診断と処方箋を出す

    このように3つの分析方法と7つの評価基準によってそれぞれ9つの惑星と12のハウス最終評価によって鑑定の根拠となるデータを導き出します。これは医療でいうならば検査データのようなものです。医者が検査データをもとに診断と治療を行うのと同じように、プロ鑑定士も検査(分析)データをもとに診断と処方箋を出します。それは次回にご紹介します。

     

     

    Continue..
  • 鑑定書の読み方 Part 1

    HowToReadReport_640

    【インド占星術鑑定書の見方】

    鑑定は占いではありません。鑑定とは依頼されたことに対して検証し結果を依頼者に報告するものです。それが鑑定書です。鑑定書には結果を導き出した証拠も記述されます。これが鑑定であり、それ以外は相談に過ぎません。口頭のみで何も証拠を残さないのは責任を回避するため?あなたが受けた鑑定は鑑定書がありましたか?

    【インド占星術鑑定書とは】

    実際にインド占星術の鑑定書を見てみましょう。これは弊社に依頼された「一問一答鑑定」レポートの日本語訳の見本です。もちろん個人情報はすべて削除して閲覧していただいています。それではこの鑑定書を解説します。

    Ask a question 全般に関する一問一答のサンプルレポート

    【出生情報】

    1ページの冒頭には次のような個人情報が隠されています。

    1 氏名
    2 誕生年月日
    3 誕生時間
    4 誕生場所(緯度経度)

    【出生図】

    続いて出生図、あるいは誕生図が記載されています。別名、インド語ではラシ・チャート、英語ではホロスコープと呼びます。これは誕生した時にその場所から見た東の天空を上昇している星座を第1室として天体の星座と惑星の配置を図にしたものです。これは北インド式の図です。他に南インド式があります。

    【分割図】

    出生図の下には二つの小さな図があります。これは分割図と呼ばれるもので特定のテーマを分析するときに利用します。

    【質問図】

    ここには記載されていませんが、質問を受けてその内容を分析するときには質問図というものを利用します。それはクライアントが質問を発したその時間と場所をもとに質問図を作ります。これは質問のタイミングから質問内容を分析するときに利用します。

    【序文】

    ここにはインド占星術というのは個人の生まれついた秘密を明らかにできることがが紹介されています。その人の生まれついた強み(優位性)と弱み(劣性)、運命付けれた特徴、精神的、肉体的特長などが明らかにできると書かれています。

    そしてインド占星術士というのは、個人の人生における事象を予見するだけでなく、具体的な運命改善の処方箋を提供することで、肯定(吉)的な事象をより支援したり、反対に否定(凶)的な事象の発生を緩和させるための支援やアドバイスを行っていると説明されています。

    【インド占星術の重要な概念】

    インド占星術を生み出した思想体系であるヴェーダには人生をよりよく理解するための概念があります。これらはヨーガやアーユルヴェーダにも共通する重要な概念です。よりよい人生を生きるための考え方が説明されています。

    1 人生の4つの目的
    2 人生の4つの目的における3つの段階
    3 出生図から読み取るあなたの運命づけられた人生の台本
    4 あなたの運命づけられた人生の台本を測定する
    5 このことはあなたの人生において何を意味するのでしょうか?

    これらを総合的に判断することで、あなたはこの人生で『何を得るために生まれてきたか』『どのように生きていくのか』『何が得られるのか』『それが何時なのか』を明確に助言することができるのです。

    【あなたの質問】

    このクライアントは天職と転職についてご質問をされています。

    【私たちの回答】

    鑑定士は以下の手順で総合的に分析して結論を導きだします。

    1 出生図における職業と収入のハウスを分析とその結果
    2 運命づけられた人生の台本の分析とその結果
    3 惑星時期の分析による未来予測とアドバイス

    【インド占星術処方箋】

    最後に、このクライアントの願望を実現するために最適化された処方箋の選択とアドバイス。このクライアントの場合は宝石療法となっています。

    ● インド占星術処方箋についてはこちらの【開運の処方箋】を参照して下さい。

    以上、実際のインド占星術鑑定書を説明いたしました。
    その他、いくつかの日本語訳の鑑定書サンプルは以下よりご覧いただけます。

    起業を志す人のためのビジネス成功レポート
    企業家のためのビジネス成功レポート

    Continue..
  • 鑑定書の読み方 Part 3

    HowToReadReport_640

    【インド占星術鑑定書の見方】

    鑑定は占いではありません。鑑定とは依頼されたことに対して検証し結果を依頼者に報告するものです。それが鑑定書です。鑑定書には結果を導き出した証拠も記述されます。口頭のみで何も証拠を残さないのは単なる相談だと言えます。また責任を回避するためでしょうか?あなたが受けた鑑定は鑑定書がありましたか?

    さて今回の鑑定書の見方 Part 3では鑑定の根拠となるハウスのテーマ(象意)と評価表が分析されてどのように実際の鑑定例になるのかをご説明いたします。

    【ハウスのテーマ(象意)とは】

    各ハウスにはそれぞれ人生の分野(テーマ)に対応した意味を持っています。例えば第1室は身体、外観、気質、行動、一般的な幸福などを意味しています。また10室は仕事、人生の目的、職業、名声、父親の名声や地位、父親の健康と長寿、正義の行動、深い同情などを意味しています。

    出生図(ホロスコープ)から読み取れる基本データとハウスのテーマを表にしたものが以下のようになります。

    【出世図とは】ホロスコープ(出生図)はあなたの誕生日、誕生時間、誕生場所に基づき作成されたその時点の天空図であり、すべての惑星と12の星座の配置図です。

    【ハウスのテーマにもとづく鑑定例】

    「第1室は身体、外観、気質、行動、一般的な幸福などを意味しています。」と申し上げましたが、第1室のハウスを分析した実際の鑑定例が次のようなものです。

    アセンダント(上昇宮)はあなたがとても知性的で、決意の固い人、健康な人であることを示しています。あなたの上昇宮(第1室)は獅子座で太陽に支配されています。太陽は選択した事業が何であれ成功を意味します。太陽は第3室に在住(位置)しています。あなたに備わった人格は間違いなくビジネスのベンチャー起業に有利であると言えます。獅子座の人は、確固たる行動と思考の人であると言えます。

    「10室は仕事、人生の目的、職業、名声、父親の名声や地位、父親の健康と長寿、正義の行動、深い同情などを意味しています。」と申し上げましたが、第10室のハウスを分析した実際の鑑定例が次のようなものです。

    第3室と第10室の支配星である金星は第3室 、つまり自分のハウスに在住しており、第2室と第11室の支配星であり、収入などを象意(意味)している水星は第4室に在住しています。しかも水星は太陽と一緒に(第4室)に在住しています。このことからあなたがビジネスで成功する可能性を示唆しています。

    【ハウスの評価表】

    ハウスは惑星があるハウスに在住(位置)することによって最も強い影響を受けます。続いてハウスを支配している支配星(惑星)によって強い影響を受けます。続いてハウスにアスペクト(影響を与える)する惑星によって強い影響を受けます。

    各ハウスが惑星によってどの程度影響を受けているかを評価したものが以下のハウス評価表になります。

    【ハウスの評価表】出世図のそれぞれの12ハウスの強度はまず数学的計算によって数値化されます。その数値は7段階の評価基準に当てはめられます。

    【ハウス評価表にもとづく鑑定例】

    上のハウス評価表は、12のハウスを分析し、数値化し、それぞれのハウスに7段階の評価を与えています。ハウスにはそれぞれテーマ、あるいは象意(意味)があることをご説明しましたが、同時にハウスには強度(強弱)の違いがあります。これは高度な数学的計算によって数値化されます。

    そしてハウスのテーマと強度を重ね合わせて分析した実際の鑑定例が以下のようになります。

    出生図において第2室はあなたの蓄財の可能性をテーマ(象意)するハウスです。ハウス評価表における第2室のアシュタカヴァルガ(AB)の値は35です。これは間違いなくあなたの仕事を通じて、または事業を通じたかどうかあなたの人生に富を蓄積するのは非常に成功することを非常に有利な指標であると言えます。

    【ご注意】

    一問一答鑑定などの鑑定書には惑星とハウスの評価表は記載されていません。これは鑑定士がその査定プロセスを省略しているということではありません。ただ鑑定書の形式(フォーマット)において記載されないということであり、いかなる小さな案件の鑑定においても惑星とハウスの評価は必須項目であり、そのプロセスは必ず行っていますのでご安心下さい。

    インド人プロ鑑定士によるインド占星術カウンセリングサービスはこちらでご注文いただけます

    (お支払い方法は、クレジットカード、銀行振込を用意しています。)
    Continue..
  • 鑑定書の読み方 Part 2

    HowToReadReport_640

    【インド占星術鑑定書の見方】

    鑑定は占いではありません。鑑定とは依頼されたことに対して検証し結果を依頼者に報告するものです。それが鑑定書です。鑑定書には結果を導き出した証拠も記述されます。口頭のみで何も証拠を残さないのは単なる相談だと言えます。また責任を回避するためでしょうか?あなたが受けた鑑定は鑑定書がありましたか?

    【出世図とは】

    【出世図とは】ホロスコープ(出生図)はあなたの誕生日、誕生時間、誕生場所に基づき作成されたその時点の天空図であり、すべての惑星と12の星座の配置図です。

    ホロスコープ(出生図)はあなたの誕生日、誕生時間、誕生場所に基づき作成されたその時点の天空図であり、すべての惑星と12の星座の配置図です。それはまた誕生時間に東の空に上昇しつつある星座を特徴付けています。これをアセンダント(上昇宮、上昇星座)と言います。アセンダントは個人を最も特徴付けるサインと言えます。

    【出世図の査定方法と評価基準】

    出世図におけるアセンダントは第1室(第1ハウス)と呼ばれます。ホロスコープ(出生図)において査定に重要な要素は以下の3つです。

      1.アセンダント(上昇宮、上昇星座)
      2.惑星の星位(9惑星の惑星の強度)
      3.ハウス(12星座に対応する12ハウスの強度)

    9惑星と12ハウスの強度はまず数学的計算によって数値化されます。その数値は7段階の評価基準に当てはめられます。そして鑑定士はそれぞれの9惑星と12のハウスのそれぞれの強度を評価します。その評価基準とは以下の通りです。

      1. 最も優れている
      2. かなり良い
      3. とても良い
      4. まあまあよい
      5. ふつう
      6. 課題のある
      7. 最も課題のある

    【惑星の評価表】

    【惑星の評価表】出世図のそれぞれの9惑星の強度はまず数学的計算によって数値化されます。その数値は7段階の評価基準に当てはめられます。

    【ハウスの評価表】

    【ハウスの評価表】出世図のそれぞれの12ハウスの強度はまず数学的計算によって数値化されます。その数値は7段階の評価基準に当てはめられます。

    【評価表は鑑定の根拠です】

    人生にはさまざまな局面(テーマ)があります。例えば就職と職業、収入と貯蓄、恋愛と結婚、出産と子供、健康と病気などなど。私たちは自分や家族の人生のそれぞれの局面において懸念と悩みは尽きることがありません。一つ解決してもまた別の問題がしのびよってくるものです。

    ものごとには表と裏があります。例えば100円コインには表の顔と裏の顔があり、どちらが欠けても100円コインとして機能することは出来ません。これと同じように惑星も相反する影響、つまり正と負(肯定的と否定的)の両方の影響を私たち一人ひとりの人生にそれぞれの影響を与えるものなのです。

    それぞれの正と負(肯定的と否定的)の影響がどの程度個人の人生に影響するかは惑星の強度(強さ)に依存しています。つまり、その影響が吉か凶(幸運か不吉)を判断するには出生図における各惑星の星位(強度)にかかわっているのです。

    ご依頼者さまより依頼された懸念やご質問にピンポイントで回答するために占星術士は、まず出生図におけるすべての惑星とハウスについて評価表をもとに分析検討を行ないます。そしてご依頼さまのどの人生の局面(テーマ)において、どの惑星の正と負(肯定的と否定的)の影響が、何時の時期に、どの程度、現実化するかを鑑定していきます。これらの評価表を鑑定書に記載することが鑑定のための証拠を残すということなのです。

    【ご注意】

    一問一答鑑定などの鑑定書には惑星とハウスの評価表は記載されていません。これは鑑定士がその査定プロセスを省略しているということではありません。ただ鑑定書の形式(フォーマット)において記載されないということであり、いかなる小さな案件の鑑定においても惑星とハウスの評価は必須項目であり、そのプロセスは必ず行っていますのでご安心下さい。

    インド人プロ鑑定士によるインド占星術カウンセリングサービスはこちらでご注文いただけます

    (お支払い方法は、クレジットカード、銀行振込を用意しています。)
    Continue..