インド占星術の処方箋サービスに対するよくあるご質問(FAQ)

インド占星術の処方箋サービスに対するよくある質問(FAQ)インド占星術の処方箋サービスとは宝石療法(指輪とペンダント)、護符(身に着けるものと装飾品としての置く物)、祈祷(宗教的儀式)等があります。鑑定レポートに記載の多くはあなたに最適な宝石療法と護符(惑星の数秘図形ペンダント)として推奨されているものです。

インド占星術の処方箋サービスとは宝石療法(指輪とペンダント)、護符(身に着けるものと装飾品としての置く物)、祈祷(宗教的儀式)等があります。鑑定レポートに記載の多くはあなたに最適な宝石療法と護符(惑星の数秘図形ペンダント)として推奨されているものです。弊社がすべてクライアント様の代行と支援をしております。

ここではインド占星術の処方箋サービスに対する皆さまからのよくあるご質問をまとめておりますのでどうぞご参考にして下さい。

1. 宝石療法の選定について
私の宝石療法としてブルーサファイア、ダイヤモンド、エメラルドといわれております。ブルーサファイアを購入しようと思っていたところなのですが、今回の鑑定結果が全く異なるのでどうしたらいいのか迷っております。アドバイスいただけましたら幸いです。

宝石療法はインド占星術の処方箋として一般的で効果があるものです。しかし多くの一般の方はパワーストーンのような安易な認識をされていることが多いようです。インド占星術では間違った宝石を身につけると抱えている問題がさらに悪化するばかりでなく、新たな問題の引き金になるため、正しい宝石を身につけることを強く言っています。つまり経験豊富で信頼おける鑑定士からの正しい処方を受けることが重要であるということです。

例えば出生図において否定的な影響を及ぼしている力の弱い惑星のための宝石を身につけると状況はさらに悪化します。これはマイナスのエネルギーにさらにエネルギーを与えてしますからです。従って宝石療法は諸刃の刃となります。

まず最適な宝石療法というのは固定ではございません。ご懸念、あるいはその問題に対応しています。人生には多くの局面がございます。恋愛・結婚、資産・財産、仕事・昇進などはそれぞれ人生における違う局面です。抱えている問題がどこにあるかでそれに対応する惑星やハウスも違ってきます。また懸念や問題が短期的であるのか、長期的に続いているのかどうかも考慮しなければなりません。それによって問題の大きや深さが違います。

鑑定書における処方箋はご依頼主様が抱えているその局面における問題や懸念を緩和・最小化するためのテーラーメイドの最適化された処方箋となります。今回ご依頼されました「結婚鑑定」においてご質問の懸念や問題、あるいはその人生の局面で想定される懸念や問題を緩和・最小化するためのテーラーメイドの最適化された処方箋となります。

同じご依頼主さまでも例えば「ビジネスマンのための成功レポート」をご依頼いただいた場合、これは人生の仕事や収入に関わる局面を鑑定いたしますので処方箋が違う可能性もございますが、同様に最適化された処方箋が処方されます。

担当する鑑定士はインド占星術士の国家資格とその博士号を持った鑑定士で提携先のサイバーアストロの主任鑑定士であるDR.J.N.PANDEYが監修しています。

Dr.J.N.Pandey
Dr.J.N.Pandey

またご注文の処方箋はすべてヴェーダ司祭の資格を持つDR.J.N.PANDEYによって浄化と強化のためのプージャ(宗教的儀式)が行われて後に出荷されます。弊社は今まで多くの鑑定サービだけでなく処方箋もお客様にお届けしておりクレームは一度もございませんのでどうぞご安心下さい。

ヴェーディックレメディは、デリーのインド占星術専門会社のCyberastro.Limited(サイバーアストロ)と提携し鑑定サービスを行っています。通常は、鑑定書にご依頼主様に最適の処方箋が記載されていますので、鑑定書の納品ともに処方箋のお見積書を提出させていただいております。

インド占星術処方箋のお見積もりページ 【宝石療法 9 品目】

Leave a Reply