インド占星術ワンポイント解説006【人生の4つの目標とは】

インドの思想体系であるヴェーダによると人生の4つの正当な目的と目標は、ダルマ、アルタ、カーマ、モクシャといわれます。これらはヨーガ、アーユルヴェーダ、インド占星術の共通思想となっています。
特にダルマは前世より受け継いだ潜在的なものを判断することに利用されます。インド占星術ではそれぞれを数値化してあなたの人生を隠された意味を読み取ります。


人生の4つの目標
インドの思想体系であるヴェーダによると人生の4つの正当な目的と目標は、ダルマ、アルタ、カーマ、モクシャといわれます。
ダルマは「法と秩序の原理」を意味していて、人生における名誉または認識の私達の必要の実現を参照します。これが、どのように私達の文化がこの必要を解釈するかである時に、私達はそれを「使命」と呼びます。私達のそれぞれは、私達が、個々の同一性を損わずに社会に寄与することができるもののために認められる必要があります。
アルタは目標の「達成」を意味しています。より特別に、それは貴重な対象の獲得と関連していて、従って、「富」と称されることができました。私達のそれぞれは、人生において幸福に役目を果たすために必要な富を所有するべきです。
カーマは文字どおりに「欲望」を意味していて、人生において感情の、そして感覚の幸福の私達の必要を参照します。そのようなものとして、私達はそれを「楽しみ」と呼びます。私達が生命においてするすべてが楽しくあるべきであり、自身にまたは他に痛みを起こすべきでありません。
モクシャは「解放または自由」を意味していて、ダルマ、アルタ、カーマの3つ超えて精神的発達を成し遂げることにあります。大切なことは自分の人生の台本(人生の意味)をよりよく理解することです。また宇宙も一定の法則で運行していますが、その惑星は私たちから見て、まるで仲裁人と批評家のように見えます。彼らは私たちの人生に喜ぶべき賞や避けがたい刑罰を告知したり、また私たちの人生の推進力を抑制したり、あるいは目標を修正させたり原因となります。
インド占星術はそれぞれの4つの目標に対して、種、成長、そして実をつけるか、つまり動機、成長と得られる結果を数値化して誰の目にも明らかにする判定方法を行っています。これを総合的に判断することで「あなたはこの人生、何を得るために生まれてきたか、どのように生きていくのか、そしてその結果、何が得られるのか」を現代の言葉、あなたの言葉に置き換えて鑑定をすることができます。
これらの鑑定はぜひともインド人プロ鑑定士との直接鑑定をお勧めいたします。弊社一押しの鑑定サービスです。
Online Astro Counseling ネット通信による直接鑑定(通訳付)

Leave a Reply