インド占星術ワンポイント解説005【自分の優れた才能と適性】

第3期 インド占星術【無料鑑定】モニター募集を開始いたします。
募集テーマ:あなたの特性を活かす。あなたの優れた才能と適性を教えます。
第2期 インド占星術【無料鑑定】モニター募集では、その募集テーマはカルマについてでした。
人には生まれ持った優れた才能があります。それを活かすことが適性です。その才能はどこから来るのか、そして適性についてのお話です。


アーユルヴェーダ、ヨーガ、ジョーティシュ(インド占星術)にはヴェーダという共通の基本的考え方があります。その一つに人は「人の本質はチット、サット、アーナンダであり、肉体を持たない生命体であるということです。その生命体は、意識、意志を持ち、喜びに満ちた存在である」と言われています。
つまり私たちは肉体を持たないときには知的生命体として存在していますが、肉体を持つ必要があるときにはまた子宮に戻り転生をします。それはちょうど私たちが古くなった服を脱ぐようにして身体を去り、また新しい服を得て、肉体を持つようなものです。
そして以前の人生で経験したことはすべて潜在意識の中に蓄積されています。ある分野で技術経験を重ねたその体験はすべて感情とともに潜在意識の中に感情も含めて記憶されています。
私たちは誰でも分野のあることについて興味を持っていますが、その理由をたずねられても答えることは出来ません。答えるとしたら「好きだから好き」としか答えられません。理由はすべて後付けです。
そしてその好きなことはあなたの得意なことになります。好きだから誰に言われなくてもそれを習得しようと行動します。そして得意なことは才能になります。人よりも知識や技術、そして感性(センス)として優れていることになります。
実はそれらは前の人生でもやっていたことなのです。多くの時間と努力をつぎ込み磨いていたことなのです。そして今の人生ではその続きをやっているのです。ですから人より優れているのは当たり前かもしれません。
このことについてはあの眠れる超能力者と呼ばれたエドガーケーシーも同じことを言っています。「人はやったことは必ず報われる。それが例え今生で報われなくても、必ず次の生で報われる。何故なら今世(今生)は前世(前生)で努力したことの最後からスタートするからだ」と言っています。
言い換えればこのような宇宙の仕組みによって人はみな平等に扱われているのです。つまり才能とは努力した経験によってのみ得られるものであるということです。ですから生まれたときにすでに才能は違っていて当然なのです。つまり人はみなスタートするレベルが違うのです。
これらを読み解く技術として体系化されたのがインド占星術です。前世より引き継いだ才能を読み取り、それをどのように適性として活かしていくかを教えてくれるのがインド占星術です。
しかしながら世の中には才能があっても活かしきることのできない人が多くいます。なぜなら開花させるには色々と条件が揃わなければならないのです。その一つ目が健康です。健康が良し悪しは直接人生に影響します。健康が良いことは重要な要素です。
その二つ目に経済です。経済的なサポートがなければ十分な教育も時間的投資もできません。それらは最初は親からサポートしてもらい、その後は自分で稼ぎ出さなければなりません。経済的な余裕がなかればいかに優れた才能があってもそれを磨くための投資をしてやることができません。
その三つ目は宇宙(惑星)のサポート、つまり運命です。タイミングの良し悪しです。物事を成すには必ずタイミングが必要です。例えば家庭菜園で夏に美味しいトマトを食べようとすると種を蒔くタイミングが必要です。同じように人生において才能を開花してその果実を得ようとするには種を蒔くベストタイミングが必要です。タイミングを逃すといかに優れた才能があってもそれを開花させることができません。
第3期 インド占星術【無料鑑定】モニター募集
ヴェーダライフは第3期 インド占星術【無料鑑定】モニター募集とその他の有料サービスにおいて、あなたの才能と適性についてサポートさせていただきます。

Leave a Reply