インド占星術無料モニター鑑定 NO.2(テーマ:仕事)

この度は、ヴェーダライフ(VedaLife)主催のインド占星術【無料鑑定】モニター募集のお申し込みいただきみありがとうございました。
この鑑定の部屋ではモニターの方の実際の鑑定内容を連載させていただきます。もちろん個人情報には十分配慮しておりますのでご安心下さい。
今回はその第2弾、鑑定のテーマは仕事についてです。どうぞご覧下さい。


1. プロファイル
【 性 別 】:男性
【 年 代 】:40~49歳
【 職 業 】:自営業・フリーランス
【 業 種 】:その他
【 職 種 】:専門職
2. 鑑定カテゴリー
・職業について
3. チャート等の情報

4. ご質問内容
寺院の住職をしています。昨年父を亡くして、一人で寺を切り盛りしていますが、景気が悪いこと、信仰心の薄れなどで寺というところは、なかなか人が集まりにくくなってきました。
法事も簡略化される傾向で、寺としての収入も先細りの感じがあります。
寺院経営の見通しを占っていただきたいのです。
さらに、このままではいけない、と占いの方もプロとして頑張れるように勉強をしています。部分的には「営業」もしています。
占いを仕事とする上で、見通しはどうなのかも占っていただきたいのです。
5. 鑑定内容(ご質問に対するご回答)
職業についてのご回答
1.まず現在のマハーダシャーである土星を見てみます。
土星はラーシ図において2室3室を支配し2室に在住しています。したがって経済にかんする困難が大きなテーマになります。土星は山羊座にあり自室で強い。3室は2室から2室目にあり富の本質をあらわします。経済の安定をはかることにエネルギー(3室)を消費(2室は3室から12室目)する時期です。
次にテーマが経済にあるので、ホーラ図で確認してみます。そうすると、やはり土星は2、3室を支配し8室に在住しディグニティは中立、そして減衰した火星のコンジャンクトがあるのでヴィカーラアヴァスタ。火星はラグナから5室と12室を支配しているので占術(8室)の勉強(5室)に出費が多いことわかります。
2.そして仕事の成功を表すダシャムシャで土星を見てみます。
土星は10、11室を支配し3室(ふたご座)に在住しラーフとコンジャンクトしています。11室には9室と12室を支配する知識を表す木星があります。したがって人々を精神的な自由(12室)に導くべく占術的なカウンセリング(みずがめの木星)を営業的(3室)に行う強いながれ(ラーフ)にあることがわかります。
この土星はラーフによって傷ついていますが、ディグニティは大友人なので仕事やステイタス(10室11室)収入(木星は11室)に関してそれなりの成果が見込めると思われます。ただし3室は困難なハウスなので努力が必要となります。
伝統的な宝石処方としてはブルーサファイファ等(*1)が考えられますが、他の安いパワーストーンで代用することも可能でしょう。
(*1)インド占星術の処方箋と呼ばれるものです。その代表的なものに宝石療法(Gem Therapy)や護符(Yantra Therapy)があります。
こちらを参照下さい
6. モニター様よりのご感想
【 3. モニターに参加された満足度を教えて下さい。(1選択) 】:5)とてもよかった
【 4. あまりよくなかった点や不満な点を教えてください。 】:
もっと時間があれば、いろいろと質問ができました。
【 5. 反対にまあよかった点や満足された点を教えてください 】:
これまで他の占星術では、あぶり出されなかった自分のカルマを見事にいい当てられたところです。
【 6. あなたのご質問(1)はどのような内容でしたか 】:
自分の仕事の今後について
【 7. それについて鑑定士の回答に対してどう思われましたか 】:
今の状況をよく当てられていましたし、今後の方向性も示してくださいました。
【 15. 最後にご希望・お気づきの点がありましたら何なりと教えて下さい。ご協力ありがとうございました。 】:
インド占星術講座の開設を心待ちにしています。
どうぞ、よろしくお願いします。
7. 関連サービスのご紹介
スピード鑑定20 【日本人インド占星術家】
45分鑑定 【日本人インド占星術家】
Career Quest 職業に関する鑑定
Personalized Remedy Report 運気向上処方箋

Leave a Reply