インド占星術で分かる!カルマの発現について

前回、インド人プロ鑑定士と直接鑑定を受けられるサービスを開始する予定であると予告させていただきました。先日、インド側プロ鑑定団と日本人鑑定士MOKUZAIの通訳、そして私がクラインアント役として実践的なリハーサルをいたしました。そのときの「カルマの発現について」の興味深いお話をいたします。


インドのデリーから3名のプロ鑑定士Satrajit Majumdar, Dr. Pandey, Mr. Pradeepが参加してくれましたが、私の感想ではインドのプロ鑑定士の言葉にはあいまいなところがなく、本当にピンポイントでクライアントの質問に回答してくれます。そしてクライアントにとって近い将来重要な方向性や事柄についてよいアドヴァイスをしていただきました。それはまるで未来という暗闇に光を当ててもらい、私の進むべき道筋が見えてきたいう感じがしました。
また私の健康問題について大変興味深い説明がありました。現在私の身体に生じているある症状について尋ねたところ、それはカルマの発現だと言うのです。カルマというのはインドの言葉ですが、前生に行った行為(作用)が原因となって、その反応(反作用)がいずれ自身に戻ってくると考えられているものです。いわば作用と反作用の自然法則のことです。
それを仏教では業(ごう)と呼び、聖書では「撒いた種は刈り取らなければならない」と言っています。別の言葉で言うと、「借りたお金は返さなくてはいけない」という法律と同じようなことです。私が行った前生の負債は遅かれ早かれ、いずれ私自身が身をもって返さないといけないものなのです。
鑑定士によると私の場合「土星時期の中で最も衰退(弱体化)した惑星が巡って来たときにカルマが現象化(発現)し、その時期が終わるまで続き、その後は回復に向かうとのことでした。この症状は西洋医学の薬ではほとんど効果は期待できないので、その代替療法としてはヨーガを頼りなさい」という説明でした。実際のところ私も色々と医学的な処方も試しましたが、最近は毎日ヨーガのリラクゼーション法と温浴療法で何とか健康を維持していたところでした。
実はインド占星術は、ヨーガ、アーユルヴェーダもすべてヴェーダという姉妹科学ですので、このように人間の本質についての考え方が共通しています。まさに私たち人間は肉体を脱ぎ捨てるがごとく前世と現世という時空を超えて生きている存在だと言えます。

Leave a Reply