■ セルフ・ストレス緩和のヒント『価値観の押し付け』

The


セルフ・ストレス緩和のヒント『価値観の押し付け』

Wild Divine?提供の提供のストレス緩和プログラムHealing Rhythms 体験プログラムは現在、Step 9が進行しています。毎回テーマが決まっていますが、今日は関連記事として『価値観の押し付け』を考えてみたいと思います。

多くの人の場合、人生で最もストレスの原因であり、最も扱いが難しいことの一つが『人間関係』ではないでしょうか?何故なら自分のことでも思うようにならないのに、他人はさらに思うようにはできないからです。特に女性において母親と子供との依存的人間関係も長く尾を引くことが言われています。

母親が娘に、「あなたのためを思って言っているのよ」という決まり文句の前置きの後、娘の意見や行動を批判し、自分の価値観の枠の中(檻の中?)で生活させようとします。こうして育った娘は、成人になり、就職し、母親と独立しても尚、母親の干渉に影響されなが、母親の価値観に沿った生き方をするようです。そして恋人が出来て、めでたく結婚し、家庭ができ、母となって、母親が自分にし、それにずっと反発してきたはずの『価値観の押し付け』を、正にわが娘に瓜二つの決まり文句を押し付けている現実を目の当たりにすることになります。

そもそも『あなたのため』という枕詞の後に来る言葉が、言われた当人に『共感』を得られない理由は、『価値観の押しつけ』に他ならないからだと思いますが、あなたはどう思いますか?

ストレス緩和プログラムHealing Rhythmsはアメリカでストレス社会教育のために開発されました。この無料プログラムが皆さんにとってストレス緩和の社会教育に触れる一助となることを期待しています。


15ステップで学ぶセルフ・ストレス緩和プログラム『ヒーリングリズム(Healing Rhythms)』のダウンロード版をご用意しました。

それでは新しい旅へとあなたをご案内いたしましょう。
さあ下のバナーをクリックして、今すぐ始めて下さい。
 

Leave a Reply