必要は発明の母、情熱は継続の父