■うつ病の標準療法(薬物依存)の危険性 Vol_2

うつ病の標準療法(薬物依存)の危険性

【臨床医がうつ病治療のガイドラインを解説する】

うつ病の薬物療法(日本うつ病学会治療ガイドラインを中心に)と題したラジオ番組が2013 年 7 月 1 日放送されました。出演者は防衛医科大学校病院 病院長 野村 総一郎氏です。ここには臨床医の本音が語られており、学会が改訂した治療ガイドラインの行間を読むのに大変有効です。

「今回は、日本うつ病学会が2012年に策定した最新のうつ病治療ガイドラインについて述べたいと思います。….どの病気についても標準的な治療を示したガイドラインが必要なことは言うまでもありませんが、こと精神疾患に関しては、患者さんごとの個別性が非常に大きいことから、治療指針を一般論として定めることが難しいと考えられてきました。

このことから、精神科ではともすれば一貫性の乏しい経験論的な治療法が長く行われてきましたが、最近になって、臨床治験のデータ蓄積が進み、統計学的な解析も盛んとなり、証拠に基づくガイドラインがつくられるようになってきました。

さて、ここで薬物療法、特に抗うつ薬の使用法を簡単に述べることにします。臨床家としての関心事は、第一選択薬は何かという点でしょうが、うつ病学会のガイドラインでは第一選択薬がどれと明記することはあえて避け、患者さんの臨床特性を考えて決定すべきことを示唆しています。
統合失調症(うつ病も含む)の薬物療法の危険性

抗うつ薬は原則1剤(1種類の薬)の使用に留めるのが基本であることは間違いなく、抗うつ薬同士3~4種類を併用することは有効性を裏付けるエビデンスも無く、むしろ副作用が確実に増えるのみなので、行うべきではないと言ってよいでしょう。

うつ病の薬物療法では、現在主流となっている第1選択薬である新規抗うつ薬と旧来の主要薬物の有効率について優劣はほとんどなく、しかもどちらも副作用、あるいは有害作用が認められていることが述べられている。特に若い人、つまり若年者に用いた場合に、「いらつき、不安増大、パニック発作、敵意、攻撃性や衝動性の亢進、つまり活性化が出てくることがあり特に注意が必要です。

うつ病の薬物療法(日本うつ病学会治療ガイドラインを中心に)防衛医科大学校病院 病院長 野村 総一郎 2013 年 7 月 1 日放送

 【うつ病治療の薬物療法の有害性を知る】(投稿者コメント)

治療ガイドラインを読むとうつ病を軽度、中度、重度に分けて、軽度では薬物療法より面接、カウンセリング療法を優先することを改訂しているとも読めます。今まで何度も若年者がうつ病の薬物治療中にパニック障害や発作的に飛び降り自殺した痛ましい事故が報道されています。彼らには何種類もの薬物を処方されていたことが判明しています。

しかしながら上記の野村医師が述べたように、実際は今まで、そして現在もうつ病患者に第1治療として処方されている薬剤は実はエビデンス、つまり科学的根拠がないまま薬物投与が行われていることを本音として語っていると読み解くことができます。

読売新聞に医療ルネサンスが連載されていますが、その番記者である医療情報部の佐藤光展記者によると、「安易な薬物療法は問題解決に向けた患者自身の能動性を失わせるばかりでなく、無用な有害事象(副作用)に患者をさらし、本来の症状よりも治療そのものが就労や就学、家事などにおいて重荷になることすらあり得る。」とうつ病治療の第1療法としての薬物療法の有害性を警告しています。


 【統合失調症(うつ病も含む)にスポーツ行動療法で効果を上げている事例】

ヨーロッパではスポーツを通じて統合失調症の改善に効果を上げているようです。しかも国がその予算をつけているところもあるようです。
日本ではそのような取り組みが始まったばかりで、しかも精神科医と看護師のボランティアに支えられているのが現状のようです。つい先日、その一つの取り組みがも効果を上げつつあることがテレビで紹介されたばかりです。
統合失調症(うつ病も含む)にスポーツ行動療法で効果
これはフットサル(室内で行うサッカー)によるその患者の治療と社会復帰のためのスポーツ行動療法です。患者の多くは職場から離れて一人でいる人が多く、他人とコミュニケーションをとることに疎遠になっています。
チームスポーツを行うことでチームにおける監督(指導者)とチームメイトとコミュニケーションを再開するチャンスができます。スポーツを楽しみながら他

Leave a Reply