■ 最初に感性を磨き、後でその意味を知ればよい