■あなたの顔から個人情報が流出(顔認証技術の光と影)

■あなたの顔から個人情報が流出(顔認証技術の光と影)
【ここまで来た顔認証技術】
クローズアップ現在(5月29日放送)が取り上げていた顔認証技術。
実はfacebookユーザにも大いに関係があり無関心ではいられない話題なのである。

取材によるといまや顔認証技術はその精度が相当に上がり、犯罪抑止、犯罪捜査に利用されている。例えばブラジルでは運転免許証が偽証され、他人の免許証に自分の顔を貼り付けるいわゆる「なりすまし」が横行している。本人確認をするためにドライバーの顔をカメラに撮り、それをオンライン経由で本署のデータベースに照会することで運転している本人とその免許証が一致するかどうかを確認している。

またサッカーの試合で暴力行為を繰り返すフリーガン。一般客の中に紛れ込みながら暴力をするため今まで個人の特定が困難だったが、何台もの望遠カメラで会場全体の観客を撮影し、その顔からフリーガン・データベースに照合し、特定するというシステムが開発された。すると次回から入場を拒否できるという。

ここに顔認証技術のプログラムが利用されている。顔というのは加齢とともに変化するが、変化しない部分があるという。それを機械的に読み取り、顔を識別する解析プログラムが採用されているわけだ。
大阪のユニバーサルスタジオでも入園の際にもこの顔認証技術によって本人確認がおこなわれている。その効果は絶大で長い列を短時間で効率よく処理することができる。入園者にNHKがインタヴューしていたが、その多くは、「わー、すごいですね」「いいですね」と好意的だったが、さて問題はここからだ。


【あなたの顔から個人情報が流出する仕組み】

今やこの顔認証技術がスマホのアプリとして開発されているようだ。たまたま知り合った人と一緒に記念写真を撮られると、顔認証からあなたの個人情報が即時に相手に知られるのだ。氏名、年齢、住所、職業どころの騒ぎではない。あなたの趣味、思想、信条、友人リスト、昨日の誰と何処で何を食べたのかも全て知られてしまう。

もうお分かりのようにその顔認証は今や世界で11.1億人のfacebookの利用者となった巨大な個人情報データベースがその情報源となる。facebookの利用規約に必ず基本データには偽りなく本人の顔写真と実名と住所を記入することになっているので、却って信ぴょう性高い情報源となってしまっている。

またあなたが知らないところであなたの情報や記事が掲載されている。ネットの膨大な情報の大海(ビッグデータ)から顔写真で本人特定さえが出来ればその関連情報はリンクをたどれば芋づる式に集めることが出来てしまう。

さてあなたはfacebookとどう関わって行きますか? 

Leave a Reply