■ 日本には専門医ではなく総合診療医の普及が必要だろう