■ガン起因と考えられる最も不健康な食物ベスト10

Natural News.com

【Natural Newsとは】
かつて糖尿病だった男が、自然なライフスタイル(運動、食品、知識、行動)によって克服し、私たちが日々当たり前、あるいは普通と考えている、健康や医療の非常識、あるいは隠された危険を告発、啓蒙しているウエブサイトを創設した。それがMike Adamsが設立したNatural NewsというWebサービスです。
サイトでは彼のWelcome messageがオーディオで聴くことができますが、彼はその中で、健康や医療の非常識、あるいは隠された危険の一端を告発しています。しかもユーモラスに。
このサイトでは食品や健康に関する多くの記事が日々掲載されています。それらはどれも世界中から集めた科学的根拠に基づいた論文などを原稿を起こし、そのソースの出典も明らかにしています。
今日はその中から大変興味深い記事をご紹介します。それは「ガン起因と考えられる最も不健康な食物ベスト10」です。

Top 10 most unhealthy, cancer-causing foods – never eat these again!
(Natural News – Thursday, April 18, 2013 by: Jonathan Benson, staff writer) 
The truth of the matter is that many common food items have, indeed, been scientifically shown to increase cancer risk, and some of them substantially. 
Here are 10 of the most unhealthy, cancer-causing foods that you should never eat again.
1) Genetically-modified organisms (GMOs):

Both GMOs and the chemicals used to grow them have been shown to cause rapid tumor growth.

遺伝子組み換え作物で製造された食品は、遺伝子組み換えそのものの危険性だけでなく、その過程で使用する化学薬品はがん細胞の増殖の原因となります。

2) Processed meats:

Most processed meat products, including lunch meats, bacon, sausage, and hot dogs, contain chemical preservatives that make them appear fresh and appealing, but that can also cause cancer.

加工肉食品であるランチ用加工肉、ベーコン、ソーセージ、ホットドッグなどの多くは見栄えの色や鮮度を保持するために化学保存料を使用しますが、これは同時にガンの原因となります。

3) Microwave popcorn

They might be convenient, but those bags of microwave popcorn are lined with chemicals that are linked to causing not only infertility but also liver, testicular, and pancreatic cancers.

電子レンジで作るポップコーン食品は手軽で便利かもしれませんが、肝臓、精巣、およびすい臓ガン、そして不妊の原因と疑われている化学薬品が含まれています。

4) Soda pop

Loaded with sugar, food chemicals, and colorings, soda pop acidifies the body and literally feeds cancer cells.

ソーダポップ精白した砂糖、食品添加物、着色料を多く含み、身体を酸性化し、ガン細胞の栄養となります。

5) ‘Diet’ foods, beverages.

A recent scientific review issued by the European Food Safety Authority (EFSA) of more than 20 separate research studies found that aspartame, one of the most common artificial sweeteners, causes a range of illnesses including birth defects and cancer.

欧州食品安全機関(EFSA)によって発行された最近の科学的レビュー(20以上の独立した調査研究による)には、最も一般的な人工甘味料の一つである、アスパルテームが、先天性欠損症やガンを含む病気の原因となることを突き止めました。

6) Refined ‘white’ flours.

A study published in the journal Cancer Epidemiology, Mile Markers, and Prevention found that regular consumption of refined carbohydrates was link
ed to a 220 percent increase in breast cancer among women.

ガン疫学ジャーナルにおいてマイルマーカーによって発表された研究では、精製された炭水化物を頻繁に摂取している女性は乳ガンの罹患率が220%の増加につながることが発見されたと報じられました。

7) Refined sugars.

The same goes for refined sugars, which tend to rapidly spike insulin levels and feed the growth of cancer cells.

6)と同様に、精製された砂糖(白砂糖)の接収は、インスリン(インシュリン)の急激な上昇のみならず、ガン細胞の増殖の供給原、つまりは栄養原になることが発見されています。

8) Conventional apples, grapes, and other ‘dirty’ fruits

unless these fruits are organic or verified to be pesticide-free, they could be a major cancer risk. 

リンゴ、グレープ、他の「ダイエットによいとされる果実」は、有機または無農薬であることが明らかでない限り、主要なガンの起因リスクがある可能性を拭えません。

9) Farmed salmon.

Dr. David Carpenter, Director of the Institute for Health and the Environment at the University of Albany. According to his assessment, farmed salmon not only lacks vitamin D, but it is often contaminated with carcinogenic chemicals, PCBs (polychlorinated biphenyls), flame retardants, pesticides, and antibiotics.

アルバニー大学の健康と環境のための研究所のディレクターであるデビッドカーペンター博士によると、養殖サケは、ビタミンDが不十分でないだけでなく、発がん物質、PCB(ポリ塩化ビフェニル)、難燃剤、農薬、抗生物質などによって汚染されていると発表しています。

10) Hydrogenated oils

They are commonly used to preserve processed foods and keep them shelf-stable. But hydrogenated oils alter the structure and flexibility of cell membranes throughout the body, which can lead to a host of debilitating diseases such as cancer. 

硬化油は、一般に加工食品を保持し、安定性を維持するために使用されます。しかし、水素化油は、体全体の細胞膜の構造と柔軟性、あるいは伸縮性を変化させ、ガンのような衰弱性疾患の原因となることが指摘されています。


(文責 ヴェーダライフ 代表 増田 和志 2013年4月19日)

Leave a Reply