■ ガラパゴス精神こそ世界に通じる日本の武器

ガラパゴス精神こそ世界に通じる日本の武器 PILOT | 消える筆記用具フリクション「開発への道のり」

ガラパゴス化

何でも言葉を短縮するのが日本の文化。皆さんは「ガラケー」の意味をご存知ですか?答えは「ガラパゴス・ケータイ(携帯電話)」です。ではガラパゴスって何?

それはエクアドルのガラパゴス諸島のこと。イギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィンがビーグル号に搭乗して5年にも及ぶ航海の途中に訪れたあの絶海の孤島です。

ガラパゴス精神こそ世界に通じる日本の武器


独自に進化した固有種の発見が後にキリスト教社会に物議を醸し出す「進化論」へと発展した訳ですが、今では日本で独自に進化した高い文化や技術でありながら、海外では普及せず、世界の市場でシェアを握れないことを「ガラパゴス」と言います。

しかし今やガラパゴス化と思われた技術が海外で意外なブームを巻き起こしています。「消せるボールペン」でお馴染みのパイロットのフリクションがフランスで大ブーム。

私も密かに渦中のボールペン(黒、赤、黄色のマーカーペン)を購入し、とてもご満悦。「開発への道のり」を見て、このガラパゴス精神こそ世界に通じる日本の武器だと確信しました。 

Leave a Reply