■ 節電反動冷え(症候群)

節電反動冷え(症候群)【その症状、原因と対策】 


【節電反動冷え(症候群)とは】


9月に入りようやく朝晩に涼しい風が吹くようになりました。ようやく夏は暑さから解放されそうです。今年は熱中症で病院に搬送された人は3万人を超えました。多くの方が今年も節電を心がけられたのではないかと思います。しかしその反動である症状が出ているようです。

節電反動冷え(症候群)と命名されたこの症状の特徴は、疲労感、食欲不振、下痢などです。その原因はクーラーなどの温度を上げたり、時間を節約したりしたために、身体を冷やすために多く、頻繁に冷たい飲料を摂取したことによるようです。

【その原因】

そのメカニズムはこうです。

1. 冷えた飲料を頻繁に摂取

2. 自律神経系の働きが鈍る

3. 胃が直接冷えることで血流悪化

4. リンパの働き(免疫系)の低下


【その対処法】
9月になって夏の和らいだらこのような症状が出ている人は次のことを試すとよいとのことです。
1. 冷えたものを摂取するのを控える 
2. シャワーではなく風呂に入る習慣に戻す 
3. 身体を温める食材を多めに取る 
4. 複式呼吸やそのような呼吸を伴う運動をする
【出典ニュース】
● 節電反動冷えに注意を

Leave a Reply