■ His Eyes Is On The Sparrow

His Eye Is On The Sparrow, Performed by  Frank MaComb

■ 神はあまねくすべてに存在している


どうして心が落ち込むのだろう?


どうして心に闇が忍び込むのだろう?

どうして心に孤独がやってくるのだろう?

どうして天国や家族が遠く感じるのだろう?

神は私の一部なのに

神は私の永遠の友なのに

(私は何も恐れ悩む必要はない)

だって神は一羽のすずめとなって

いつも私を見守っているから
Lylics by Civilla D. Martin
Songs by Charles H. Gabriel
Translated by k.masuda


Leave a Reply