■ 運命はその人の自己実現のために用意されている

先日10月4日に100歳の誕生日を迎えられた現役医師がいます。皆さんご存知の日野原重明(ひのはらしげあき)さんです。聖路加国際病院理事長で現役の医師です。
先日NHKで放映された「日野原重明 100歳 いのちのメッセージ」は99歳から1年間密着取材したすばらしいドキュメンタリー番組でした。


日野原の活動は医師としての診療のみならず、執筆、公演、ユニセフ協会の大使、趣味のピアノ演奏、絵本「葉っぱのフレディ~いのちの旅~」はミュージカル作品にもなりました。スケジュールは2、3年先まで一杯で、96歳にして徹夜をやめ、睡眠を5時間に増やしたという話である。すごすぎる!
1970年3月31日、福岡で行われる日本内科学会総会へ出席のために搭乗した旅客機がハイジャックされ日野原さんは人質となりました。いわゆる「よど号ハイジャック事件」です。そして韓国の金浦空港で下ろされ解放されました。この時の体験が人生観を変えたそうです。
先日現在92歳となった奥さまの静子さんが自宅で意識を失い緊急入院されました。日野原さんを70年間支え続けてきた妻の闘病という現実と向き合いながら妻に対する葛藤の気持ち素直に告白されていました。
静子さんはあのよど号ハイジャック事件のときに日野原さん宛てに一通の手紙を送られました。そこには日野原さんに対する尊敬と愛情、そして母として女性として知的で気丈な内容でした。日野原さんはそれを契機に自分の使命と人生観がぴしゃりと決まったそうです。
人それぞれの運命はその人の自己実現のために用意されているのだと思います。
今、日野原さんの目標は110歳まで現役医師だそうです。ぜひ期待しています。

Leave a Reply