■ 今年は花粉症大流行の予測

ご存知かもしれませんが、昨年末環境省より今年の花粉飛散予測がありました。
それによると、例年との比較では、西日本で例年並みか例年よりも少なくなると予測されますが、東北から近畿にかけては例年より多くなる見込みです。また、スギ花粉の飛散開始時期は、昨シーズンよりやや遅く、例年と同じくらいか例年よりも5日前後遅くなると予測されます。
一部地域を除き、全国的に花粉症が重症化するレベルであると考えられるため、前シーズン比や例年比での増減に関わらず、予報に基づいた早めの花粉症予防対策等が必要と考えられます。
また先日の気象ニュースでは何と今年は飛散量予測が例年の5倍近くなると!何とも恐ろしい話です。花粉症は成人になってからも発症します。つまり誰も何時発症してもおかしくないのです。花粉症の人はもちろん、今まで花粉症と縁のない人も今年は警戒レベルを上げなければならないようです。


● 環境省花粉情報サイト
● 花粉症環境保健マニュアル
※1月中には下記の日本気象協会のサイトで全国50地点の毎日の飛散予測など『花粉情報』が発表されます
● 日本気象協会 花粉情報

Leave a Reply