自分自身をよく知って自分を活かしきる

弊社はインドのヴェーダという自然科学の内、「人間の生命と健康に関する」3つの自然科学を統合してサービスすることがミッションです。それらは。
ジョーティッシュというインド占星学」
アーユルヴェーダという治療と予防のどちらも備えた自然医学」
ヨーガという健康的な生活習慣」です。
日本では悲しいことにこれらが切り離されて、バラバラでサービスをされています。本当は1つなのに!


例えばこれら3つがどのようにつながっているかを少し書いてみます。アーユルヴェーダを少し知っている人なら、ヴァータ、カパ、ピッタという言葉を聞いたことがあると思います。
これらは身体の生理学的、あるいは病理学的な機能なのです。例えばヴァータは異化作用、カパは同化作用です。食べたものが分解、消化、吸収されるのはこれら3つの機能が必要なのです。
生まれつきヴァータという機能が一番多い人は、どうしてもその機能が強くなる傾向にあります。ですからその機能が司っている特徴が体質や気質に出やすいのです。それがその人の体型や性格などを特徴付けていきます。
ヨーガにはプラーナヤーマという呼吸法がありますが、このプラーナというのが、ヴァータの別名なのです。また活性酸素などもヴァータから発生するものです。無理なダイエットによる骨粗しょう症、肉体的なストレスによる痛み、精神的なストレスによる自律神経の乱れなど、すべてヴァータが増えて乱れるからなのです。呼吸を整えるとストレス緩和になるのは呼吸が自律神経を調整して、ヴァータを回復させるからなのです。
インド占星術にもヴァータ、カパ、ピッタやヨーガがあります。星座や惑星はそれぞれヴァータ、カパ、ピッタに対応しているので、その人の体質、気質、肉体的特徴、精神的特長、長所と短所など本当に多くの情報が分かります。インド占星術でいうヨーガとは惑星の結びつきによる特徴です。それらはそれぞれある特定の意味を持っています。私たちはそれを見て、その人の健康と病気、収入と負債、仕事と業績、恋愛と結婚などなど、人生のあらゆる面の判断材料とします。
ですからこれら人間の健康と幸福に関するヴェーダの3つ科学、アーユルヴェーダ、ヨーガ、ジョーシュは切り離されることなく、統合して学び、生活に生かしていくことが大切なのです。
それは言い換えれば、「自分を知って自分を生かしきる」ことにほかなりません。
VedicRemedyはこれら3つを統合したサービス、健康と自己成長のための新しい生活習慣を提案しています。

Leave a Reply