アーユルヴェーダはホリスティック医療

アーユルヴェーダVS近代西洋医学

アーユルヴェーダ(Ayurveda)はリラックス法、エステなどの美容法だと勘違いしている人が多いかもしれませんが数千年の歴史を持つホリスティック医療です。ホリスティックとは全人格的なという意味になります。

アーユルヴェーダは人を治療するときに肉体の病変、あるいは症状だけを治療すれば病気が治るとは考えていません。 アーユルヴェーダの医学理念や治療方法は近代西洋医学の それと比較して説明されます。

例えば近代西洋医学はガンの病変部を外科手術で取り除けば治療は成功したという言い方をします。また抗がん剤などの化学療法によって病変部のガンの大きさが退縮、あるいは成長が抑制されているという理由で治療は成功したと判断しています。

しかしながら外科手術は身体にとっては大きな怪我みたいなものです。その身体的負担は免疫力を落とし、加えて回復するためにさらなる大きな負担を強いることになります。抗がん剤などの化学療法に至ってはそれ自体が劇薬であり、新たな副作用を生み、身体の免疫力を落とし大きな身体的負担となります。

アーユルヴェーダにおける医療理念は治療という名のもとに身体的副作用を生じる、あるいはそれ自体が免疫力を落とす、あるいはそれによって結果的に免疫力を落とすような治療は行いません。その理由は治療とは患者が本来持っている生命力、免疫力を賦活、あるいは活性化して回復を手助けするための医療行為でなければならないからです。治療という名のもとに患者が本来持っている生命力、免疫力を抑制、あるいは不活性化することは医療として本末転倒であると言えます。

Ayurveda, oil Massage

お断りしておきますが決して近代西洋医学を否定しているわけではありません。近代西洋医学はには緊急救命医療としての優れた強みがあります。また理学、工学、薬学の様々な分野の技術を利用して人体の生理、病理、薬理に関して分子レベルで解明し、また医療の発展に大きく寄与しています。これはアーユルヴェーダではできないことです。

メディカルツーリズム

私のアーユルヴェーダ治療ドキュメンタリーを出版

2018年の現在、世界中の多くの人が生活習慣病に関心を持ち、健康維持と予防のための健康管理に関心を示し、またガン、心臓病、糖尿病などなどの生活習慣病に対して出来れば副作用の少ない、生活の質(QOL)を落とさない代替療法を模索しています。

私は30年以上前からアーユルヴェーダの医学理念とホリスティック医療に関心を持ち続けています。そして実際に自分の身体で 代替療法を検証するためのフィールドワークを重ねてきました。私にとってアーユルヴェーダは単なる治療法ではなくタイムテストされた医学体系であることは理解していましたが、問題はではどこで本物の治療が受けられるかでした。

そして2005年にアーリヤ・ヴィディヤ・シャラ・コッタカル(Arya Vaidya Sala Kottakkal, Ayurvedic Hospital  &  Research Centre, Delhi)において21日間のアーユルヴェーダ治療を実施し、同時に取材の許可を得て、アーユルヴェーダ紀行1を出版しました。その理由はこの医療法人は崇高な理念と高い技術を持った間違いなく信頼できるアーユルヴェーダの専門病院であり研究施設だと確信したからです。

Arya Vaidya Sala Kottakal

アーユルヴェーダの治療に関するよく聞かれる質問(FAQ) 

アーユルヴェーダ治療に関してよくある質問が彼らのサイトに掲載されています。アーユルヴェーダの治療に関心のある方はどうぞご参考なさって下さい。

Q1: 私は重い病気に苦しではいませんが、仕事の重圧のためストレスと疲労を感じています。私のような人を受け入れることができますか?

A1: はい、アーユルヴェーダの治療法にはリラクゼーション技術も含まれています。

Q2: 施設で若返り治療を受けることができますか?

A2: はい、この施設で若返り療法を受けることができます。

Q3: 肥満、あるいは減量のための治療はありますか?

A3: 適切な医薬品、特別なマッサージ、薬用浣腸、食事制限などの適切な組み合わせによって減量が可能です。しかし大幅な減量はお勧めできません。

Q4: 私は椎間板ヘルニアのために主治医から手術をするように進められています。手術を避けるためにあなたの病院で受ける可能性のある治療はありますか?

A4: 私たちは 椎間板ヘルニアの治療を提供しています。あなたのケースが手術を避けることができるかどうかを判断するためには医学レポートなどの詳細を提供していただく必要があります。

Q5: 血圧をコントロールする薬はありますか?

A5: はい、あります。高血圧のための適切な治療方針を立てるには病因を考慮する必要があります。

Q6: アーユルヴェーダにメンタル症状の治療はありますか?

A6: はい。アーユルヴェーダはうつ病を含む心理的、精神的な問題の治療を提供しています。

Q7: 糖尿病の治療法はありますか?

A7: 糖尿病はアーユルヴェーダ治療と適切な食事制限で適切にコントロールできる症状です。長期にわたる糖尿病の有望な合併症も効果的に最小限に抑えることができます。ただ永久的な治癒を保証することはできません。

Q8: 神経に関連する病気の治療はありますか?

A8: はい、あります。あなたのケースを適切に判断するためには医学レポートなどの詳細を提供していただく必要があります。

Q9: 皮膚に関連するアレルギーの治療法はありますか?

A9: はい。アーユルヴェーダ治療は皮膚アレルギーに対して有効です。

Q10: 私は抜け毛に問題がありますか?それをコントロールするアーユルヴェーダオイルはありますか?

A10: はい、脱毛を予防し、育毛を促進するのに適したオイルがあります。

Q11: 私は心臓病患者であり、何年も近代西洋医学の薬で治療していますがアーユルヴェーダ薬を処方できますか?

A11: はい、アーユルヴェーダには心機能を調節する薬があります。それらは副作用なしに服用中の化学製剤と一緒に服用することができます。処方箋が必要な場合はオンラインコンサルテーションにて詳細をお送りください。

Q12:  私は高コレステロール症です。私はそれを制御することができないのでしょうか?それをコントロールするアーユルヴェーダ薬はありますか?

A12: はい、アーユルヴェーダ薬があり、適切な食事制限と運動を組み合わせることで高コレステロールレベルをコントロールすることができます。

オンラインコンサルテーションフォーム

もしあなたがアーリヤ・ヴィディヤ・シャラ・コッタカル(Arya Vaidya Sala Kottakkal)の医師チームにあなた、あるいは愛する人の症状や病気について直接相談されたい場合はオンラインにて無料で相談できます。

私の場合はすでに患者登録してあるのでログインして直接問い合わせができるのですが、初めての方は相談をする前にまず登録が必要です。お名前、メール、携帯番号、パスワード、キャプチャテキスト(表示されている文字)を記入し、Register(登録)ボタンをクリックすると問診フォームが表示されるはずです。

そして問診フォームに必要な事項を記入して送信すれば医師チームが内容を検討してあなたに適切な処方箋とアドヴァイスを返信してくれるはずです。ただしコミュニケーションはすべて英語で行ってください。あなたは自宅に居ながらにして世界最高水準のアーユルヴェーダ専門病院の医師チームに医療相談ができます。

Arya Vaidya Sala Kottakkal, e-Consultation Registration form

もしあなたがインドに出向いて専門病院で診察と治療を受けたいと思うならば拙書アーユルヴェーダ紀行1をご覧下さい。この本はアーリヤ・ヴィディヤ・シャラ・コッタカル(Arya Vaidya Sala Kottakkal)で治療を受けるための手引書でありルポルタージュです。これを読めばこの専門病院と研究施設がなぜアーユルヴェーダの世界最高水準であるかがおわかりいただけると思います。あなたの幸運を祈ります。

Comments are closed.

週刊ヴェーダライフニューズレター(毎金曜)