思考と行動パターンを変えば運命は変わる

優秀な医師の治療も健康が改善できない理由

医師は医療における患者の相談者であり解決法を提供する職業人といえます。その診察のプロセスは情報収集、検査、分析、診断、治療のサイクルで成り立っていると言えます。

患者が診察室に入ると医師は問診を行います。医師は患者から症状を聞き、問答をしながら想定される病気の症状と照合しながら情報収集し、想定される病名を絞りこんでいきます。続いて医師は自分の見立てが正しいかどうかの裏付(証拠)を得るために検査を行います。

続いてその検査結果をもとに分析を行い可能性の高い病名を診断します。このとき患者は病名を知ります。続いて処方箋という治療法を出します。そして記録されカルテとなります。これが診察のプロセスです。

患者は処方箋や治療法を一定期間実施して再び医師の診察を受けます。医師は必要であれば再検査、分析、診断、治療というサイクルを患者の症状が回復するまで実施します。もし患者の症状がなかなか回復しない場合、例え医師の診断が正しくとも、治療が正しく実施されてもなお多くの不確定要素が回復を邪魔しています。それは患者の生活習慣です。

生活習慣とは生活を営むすべての外的環境と内的環境における思考と行動の身体習慣だと言えます。つまり身体は絶えず変化する天候、仕事、人間関係などの外的環境に対応しなければなりません。この思考と行動の対応の仕方が習慣化して生活習慣となるのです。

生活習慣の間違いが病気に直接影響を及ぼしていることがわかっているにも関わらず生活習慣の間違いに飲んで効く処方箋などありません。患者本人が生活習慣の間違いに気づき、それを矯正するしかありません。

つまり本人が病気を作り出している生活習慣を変える思考と行動をするかが医療における不確実要素だと言えます。行動した者は健康を回復し、行動しなかった者は何も変わらないのです。その一つの例がガン細胞切除手術は成功しても、生活習慣が変わらなければ、また数年後に違う病名でガンが再発することを私たちはよく知っています。

優秀な鑑定士の未来予測が現実化しない理由

インド占星術はインド政府が認可、監督する学問であり産業です。鑑定士は人生全般の問題を抱える依頼者の相談者であり解決法を提供する職業人といえます。その鑑定のプロセスは情報収集、検査、分析、鑑定、処方箋のサイクルで成り立っていると言えます。

依頼者は鑑定士に鑑定を依頼します。鑑定士は依頼者から依頼内容を聞き、鑑定に必要な情報収集します。続いて鑑定士は裏付(証拠)を得るために検査を行います。続いてその検査結果をもとに分析を行い結論を出します。続いて処方箋という治療法を出します。そして記録され鑑定レポートとなります。これがインド占星術における鑑定のプロセスです。

依頼者は処方箋や治療法を一定期間実施して再び鑑定士の鑑定を受けます。鑑定士は必要であれば再検査、分析、鑑定、処方箋というサイクルを依頼者の問題が改善するまで実施します。もし依頼者の懸念(問題)がなかなか改善しない場合、例え鑑定士の鑑定が正しくとも、治療(処方箋)が正しく実施されても、尚、多くの不確定要素が改善を邪魔しています。それは依頼者の生活習慣です。

生活習慣を形成している思考と行動が変わらなければ結果は変わりません。これが運命を変革することを妨げている最大の不確実要素だと言えます。まさにガンの再発と同様インド占星術による治療(処方箋)は成功しても、生活習慣が変わらなければ、また数年後に違う局面で同じパターンの懸念(問題)が再発するのです。

ヴェーダでは運命を形成している生活習慣である思考や行動のパターンをカルマと呼び、カルマのパターンを書き換えて運命を変革することが人生における真の目的だといわれます。なぜならば人は時空を超えて転生を繰り返している存在だからです。思考と行動パターンを変えなければ運命は変わらないのです。大丈夫です。それを可能にする技術と処方箋がヨーガ、アーユルヴそェーダ、そしてジョーティッシュ(インド占星術)なのです。

Comments are closed.