■ JIN- 仁- じん, 全作品を見終わって~時空を超える魂~

日曜劇場「JIN -仁-」TBS開局60周年記念

 いやあ!良かった!特に最終話が圧巻だった。

第1話の伏線が最終話でまたリングのように繋がる。
つまり最終話を見たら、次にまた第1話を見たくなる。そして気がついたらまた最終話まで見てしまった、ということになりかねない。

私は20代のときからインドの精神世界や哲学などに親しんできたが、インド精神世界において最も信頼ある書物、「神の詩 バガヴァッド・ギーター(Bhagavad_Gita)」にはこんな内容がイラストとともに描かれている。


The Body Changes, But The Soul Remains The Same, Bhagavad G?t?

イラストは「人は輪廻転生を繰り返し、肉体は絶えず変化するが、魂は変わらずに体験を重ねていく」ことを示している。

人の本質は魂であり、肉体ではない。使い古した服を脱ぎ捨て、新しい服に着替えるように、使い古した肉体を脱ぎ捨て、新しい肉体を得る。このように輪廻転生を繰り返している。


The Body Changes, But The Soul Remains The Same, Bhagavad G?t?

その輪廻転生のすべての記憶は決して消えることはない。その膨大な情報はデータベースに蓄積されている。それはあなたの輪廻転生すべてを経験した魂の記憶である。


肉体という姿形、生きた時代は変わっても、魂はずっとそれを見続けて来ているのだ。私はこのような~時空を超える魂~という深い精神性をIN- 仁- じんの作品の中に感じた。 

Leave a Reply