認知症の予防にスパイスの力

■ 認知症(脳認知機能障害)の予防にスパイスの力

誤診される認知症

先日、NHKクローズアップ現在で「誤診される認知症」が放送されました。認知症と診断され薬を処方され飲み続けていた患者が別の専門医の診断を受けて認知症ではないことが明らかになるいわゆる誤診が少なからずあることが問題となっています。誤診が生じる原因として認知症が通常の画像、血液検査など特定が難しく、患者自身との問診や家族との聞き取りによって特定するケースが多いことがあります。また専門医が少ないことも挙げられます。

日本は認知症大国となるのか

認知症とは脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなるためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で明らかになっています。認知症の前段階である軽度認知障害の高齢者も約400万人いると推計されています。これは65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍となる計算です。
さらに、2015年1月厚生労働省により、2025年の認知症患者は、現状の約1.5倍となる700万人を超えるとの推計が発表されました。これに軽度認知障害患者数を加えると、約1,300万人となり、65歳以上の3人に1人が認知症患者とその予備軍といえることになりそうです。2025年まで後10年ですが、今からその予防に役立つ情報を探して実践してみましょう。
65歳以上の高齢者における認知症の現状(平生22年時点)厚生労働省

インド人は認知症の発症率が少ない
インド人のアルツハイマー病の発症率は、アメリカ人の約4分の1だといいます。その理由は、食生活だと考えられています。その核心は彼らが日常的に多くのマサラ(スパイスのブレンド)を飲食している事実です。

実はカレーに使用されているスパイスは30種類ほどありますが、通常では5種類程度使います。それらの多くはアーユルヴェーダ(インド医学)の自然由来の薬の原材料でもあります。また日本で保険適応となっている漢方薬の原材料でもあります。

医食同源と申しますが、自然界の様々な植物の持つそれぞれの薬効成分を楽しみながら健康維持するためにカレー用のマサラ(スパイスのブレンド)が生み出され、急な病気のときにその健康を回復するために病理学に基づくマサラ(調剤法)が生み出されたのです。美味しいカレーには先人の緻密な知恵と工夫が詰まっているのです
カレーのスパイスが認知症を予防する効果を確認
ハウス食品が1999年より毎年主催しているカレー再発見フォーラムというのがあります。カレーとスパイの魅力と健康効果についてその道の研究者をスピーカーに迎え一般健康フォーラムを開催しています。2014年7月で第11回を迎えました。
その第8回フォーラム(2007年8月)では金沢大学神経内科の山田正仁教授がスピーカーに迎え、「認知症と食生活の関係を探る」と題して認知症予防にカレースパイスの効果が実証されたことを発表されました。これはインド人が認知症の発症率が少ないことを科学的に裏付けるものです。
この実験はまだ人では証明されていませんが、試験管内とマウスにおいてアルツハイマー病の脳の病変の状態を再現し、クルクミンがそれを阻止するかどうかを調べた結果、その効果が実証されました。
緑茶が認知症を予防する効果も確認
金沢大学神経内科の山田正仁教授のチームは2015年5月に緑茶を飲む習慣には、高齢者の認知症の予防効果があることを発表しました。
山田正仁教授(hiroshito Yamada)金沢大学神経内科
瞑想は脳機能の老化を予防する効果がある

肉体の運動が健康増進に効果があるのと同様に瞑想はメンタルトレーニングとして、ストレスによく対処できる身体、長寿、そして健康に効果があることが科学的に実証されています。アメリカのグルーバルIT企業のGoogle.Incは従業員の健康や創造性の向上のために瞑想を取り入れています。詳細は以下の記事をご覧下さい。

The Connection - A documentary featuring world leading experts in mind body medicine and remarkable true stories of healing

Leave a Reply