The Connection #5 – 心のストレスが健康な肉体を蝕ばむ(スポーツドクターを襲った心臓発作)

 The Connection - A documentary featuring world leading experts in mind body medicine and remarkable true stories of healing

心身相関医学(心と体を一つの身体として扱う医学)の世界的専門家の話しと病気を治癒した体験者の驚くべき実例を元に心と体の関係を科学的に解き明かしたドキュメンタリー映画

オーストラリア・カソリック大学のスポーツ科学の講師であるクレイグ・ダンカン博士はトレーニング中に心臓発作を起こし病院に救急搬送されました。幸いにも大きな後遺症もなく社会復帰しています。彼はスポーツ科学を専門とし、オーストラリアのエリートアスリートやサッカーチームを指導してきた専門家でした。
人一倍、スポーツと健康の知見と経験を持ち、自らも意識が高く、ヴェジタリアン(菜食者)でトレーニングを欠かさなかった彼の肉体のデータはすべて正常値で健康そのものでした。彼の事例はことを証明しています。その貴重なインタヴューをご覧下さい。

Dr. Crag Duncan, recognised sport scientist, Australia

肉体をケアーしても心のケアーを怠れば病気は出現する

「心のストレスや感情をケアしなければ、心臓発作は必ずまた起こるでしょう。」と彼は言います。
クレイグ・ダンカンはオーストラリアのエリートアスリートを指導してきたスポーツ科学の専門家です。彼はヴェジタリアン(菜食者)でトレーニングを欠かしませんでした。彼の肉体は血圧もコレステロールも正常値で健康そのものでした。
そのバイタルデータには心臓疾患を起こすリスク要因など一切ありませんでした。しかしある日、ランニングをしていると軽い胸の痛みを覚えました。そしてそれから二日目に心臓発作を起こし病院へ救急搬送されました。ちなみに心疾患の家族歴もまったくありませんでした。

Dr. Crag Duncan, recognised sport scientist, Australia
彼はその当時、仕事と家庭において心のストレスを抱えていました。それはかなり長く続いていました。今に思えばその時の私の生活はまるで1時間に100万マイルを走るような勢いで時間に追われていました。
私はとても欲求不満でハッピーではありませんでした。睡眠、あるいはよく眠ることにもがいていました。見かけは健康そのものでした。でも…..すべてが極端になっていました。」

Image of a medical checking

彼は命を救ってくれた外科手術にはとても感謝しています。そして処方箋も服用しています。一度、死の淵を体験し、彼は完全に今までの生活を変えました。現在の彼は、その仕事を精神的ストレスの少ない学術的な業務に転職(あるいは配置転換)し、またシーズン勝敗のプレッシャーを感じながらコーチしていたサッカーチームを相談役として一線より退きました。そして日々の心身健康のために瞑想と祈りを生活の一部に加えました。彼は次のように断言しています。
「心が健康でない限り、肉体がどんなに健康でも、あなたは健康ではありません。」

Leave a Reply