Wintley Phipps on NegroSpirituals with Amazing Grace

 Wintley Phipps on NegroSpirituals with Amazing Grace

He says, “A lot of people don’t realize that just about all Negro spirituals are written on the black notes of the piano. Probably the most famous on this slave scale was written by John Newton, who used to be the captain of a slave ship, and many believe he heard this melody that sounds very much like a West African sorrow chant. 

And it has a haunting, haunting plaintive quality to it that reaches past your arrogance, past your pride, and it speaks to that part of you that’s in bondage. And we feel it. We feel it. It’s just one of the most amazing melodies in all of human history.” After sharing the noteworthy history of the song, Mr. Phipps delivers a stirring performance that brings the audience to its feet.
At Carnegie Hall, gospel singer Wintley Phipps delivers perhaps the most powerful rendition of Amazing Grace ever recorded. 


 皆さんはご存知でしたか?賛美歌「アメイジング・グレイス(Amazing Grace )」誕生の秘話を。


これはゴスペル歌手のウィントレー・フィップス Wintley Phipps がカーネギーホールでアメイジング・グレイス(Amazing Grace )について語り、そして熱唱した貴重な映像です。

作詞者はジョン・ニュートン(John Newton1725 – 1807))というイギリス人(白人)でした。彼は奴隷商人を輸送する船の船長でしたが、その後、牧師となった人です。作曲者は不明ですがたぶん黒人だと推測します。


黒人霊歌の多くはピアノの黒鍵の音階のみで作曲されているのです。これをペンタトニックスケールと呼ぶのですが、言ってみれば沖縄民謡の音階(スケール)に近いものがあります。いわゆる演歌と同じ土着音楽の音階なのです。

Fulfillingness’ First Finale,1974 by Stevie Wonder


私が最初に購入したLPはファースト・フィナーレ Fulfillingness’ First Finale (1974) – スティヴィ・ワンダー Stevie Wonderでした。その後も黒人音楽(Black Music)に傾倒し、Blues, Gospel, Soul, R&B, Funk, Fussion, Jazzと変遷をしてきました。今までどうして私が黒人音楽が好きなのかがわかりました。それは黒人音階(ペンタトニックスケール)が私の心の奥底の魂の領域に共鳴するからなのでしょう。

Leave a Reply