■ アーユルヴェーダ・バーム(サマハン植物性香油)

Link Natural Productsの「サマハン植物性香油」をご紹介します。

新製品!アーユルヴェーダ・バームのサマハン植物性香油

Link Natural Products、スリランカのアーユルヴェーダ、あるいは植物性由来の製品を世に送り出しているパイオニアです。皆さんにはアーユルヴェーダ・スパイスティで既におなじみの「サマハン(Samahan)」を製造している会社と言った方が分かりやすいかもしれませんね。

サマハンのよさをご存知のサマハン・ユーザには特にお勧めする逸品です。


アーユルヴェーダ・スパイスティでおなじみの「Samahan(サマハン)」(商標名)は、スリランカのみならず、そして世界の他の国々にも輸出されて数百万人の人々が愛飲しています。このサマハン植物性香油は、このSamahan(サマハン)ブランドを継承した新製品です。

これは天然植物性由来のバーム(香油)製品です。香油を手にとって部位に刷り込んで利用します。特に、痛み、痛み、および風邪の兆候にともなう症状を和らげるための画期的な商品です。

サマハン植物性香油は、アジア社会における1000年以上前より存在していたアーユルヴェーダの知恵と現代の科学知識と技術を結合して製品化されました。その効果は、頭痛、風邪、鼻詰まり、および扁桃腺炎などを速やかに回復させる効力があることが証明されています。さらには、首筋の硬さ、痙攣、関節、筋肉の痛み、腰痛、他のすべての一般的な体の痛みと痛みのための回復にも効力があります。

原材料は、広くアーユルヴェーダ薬学で身体の痛みと風邪の症状緩和に効果的に使われている6つの植物性由来成分と9つの「植物性エッセンシャルオイル(揮発油)」から構成されています。6つの植物性由来成分は、クローブ、黒コショウ、シトロネラ、カユプテ、ユーカリノキ、松、およびヒメコウジです。それらから抽出された香油は鎮痛性と抗炎性があり広く国際的に利用されています。これらのすべての成分は、相乗作用で個人に最大の効果をもたらすように調整されています。

適応症は、頭痛、偏頭痛、風邪、および鼻詰まり、扁桃腺炎、関節、筋肉、後ろの痛み、生理痛、首筋の硬さ、痙攣、捻挫、傷、擦り傷、および皮膚の炎症、炎症を含むほとんどの身体の痛みに適応しています。そしてさらに昆虫と蚊に刺された皮膚の痒みや炎症をすみやかに回復させます。また蚊などを寄せ付けない効果もあります。

使い方は、香油は常温で保存できますので、ふたを開けてすぐに指にとって利用できます。適量を取って各部位にマッサージしながら刷り込みます。例えば偏頭痛の場合には額に、喉痛の場合には顎から喉にかけて、その他の筋肉の痛みには直接その部位に利用できます。このような外用としてだけでなく、風邪の兆候で鼻詰まりや喉痛がある場合には、湯に適量を入れて気管吸入にも利用できます。天然植物性由来成分のみですので安心して利用できます。市販の吸入器で利用も可能だと思われます。

この製品のパッケージは、ガラス製の容器に入っており、容量は50gです。たっぷりと使えます。

この製品の安全性は、最も高いレベルで製品の安全と効力を認定しているHACCP (Hazard Analysis and Critical Control Point) とISOの国際的な品質規格を取得していますので安心・安全です。

最後にこの製品の使用感は、爽快感と心地よい刺激です。数あるバームが市販されていますが、それらに比べて匂いも刺激もきつくないように感じます。これなら皮膚の薄い部位である、顔やデリケートゾーンにも心地よく利用できます。特に私が気に入っているのは、刺激が自然に引いていく頃には部位が明らかに楽になっていると感じることができることです。

Leave a Reply