■ スリランカ産の生姜茶【Ingwer Tea (ドイツ語ヴァージョン)】

Ingwer Tea German for Package

今回はスリランカ産のジンジャーティ【Ingwer Tea】をご紹介します。


これはアーユルヴェーダ博士のドイツ人の友人M.K氏が開発したジンジャーティ(生姜茶)です。
何時だったか彼が電話をくれて次のように言うのです。
「アーユルヴェーダの薬学において生姜はとても効果が高いことが知られているが、スリランカの生姜は無農薬で栽培されとても香りがよく良質なので、生姜をそのまま味わってもらうように、何もブレンドせず、甘みも加えずにジンジャーティを開発した。一度味わって見ないか」
それで私は「日本おいても生姜は毎日食卓に登るくらい日常的に食べたり、飲んだりされているよ。それに日本には良質な生姜を生産する産地もあるからね。日本での販売は難しいかもしれないよ。」と答えた。
すると彼は、「これはそれに負けないくらい良質でいい香りがするんだ。きっと気に入ると思うよ。サンプルを送るから味見してほしいんだ。」
「じゃあ味わって見るよ。」
という訳で、サンプルが送られてきた。中を取り出して見るとこんな感じ。

Ingwer Tea Bag for German Package

それで早速、味わってみると….
確かに香りがいい。そしてほのかな甘みがある。
正直、生姜の粉末だけを甘みをつけずにお茶として飲むのはありそうでなかった経験であった。
うーん。良質なものはそれだけで美味しいという訳か。妙に関心してしまった。
この【Ingwer Tea】はまだ日本で販売されてはいませんが、スリランカから主にドイツ語圏に輸出されています。ドイツ圏の国々もこれから寒くなるから生姜を食べたり飲んだりして身体を浄化しながら温めているのでしょうね。

Leave a Reply