口腔デトックス対策(アーユルヴェーダ tips 5)

アーユルヴェーダでアンチエイジング!
今日は自宅で簡単に続けられる舌磨きについてです。
毎朝お顔を洗う前と夜寝る前にタンクリーナーで舌の苔を取り除きましょう。この新しい生活習慣はあなたに美容と健康を約束してくれることでしょう。


アーユルヴェーダ&ヨーガによる口腔の保健
舌苔のイメージ
アーユルヴェーダでは眼の保健、鼻の保健、口腔の保健、皮膚の保健、全身の薬草油マッサージと温浴による温熱と発汗を特に推奨しています。特に睡眠中に皮膚や口腔内に体内の老廃物が染み出します。起床時には舌の掃除が必要です。
なぜ舌にこけができるの
舌のこけは細胞や白血球の壊れたもの、細菌の代謝物、食物のかすが混在しています。舌の汚れは、呼吸を邪魔し、口臭の原因となりますので、口腔の保健には舌の清掃が重要です。胃腸の健康状態は舌に現れます。未消化物(アーマ)は歯の表面に溜まる白い物質(舌こけ)を生成します。舌こけは口臭の最大の原因であり、歯周病等のプラークを形成する微生物も含まれています。
なぜ「クリーンタング」を使うの
タンクリーナーの使い方画像
市販されている舌クリーナーは歯ブラシタイプのものがほとんどです。?アーユルヴェーダ&ヨーガは舌をブラシなどで擦るべきではないと言っています。それは舌の表面が傷つきやすいからです。インドでは伝統的に竹製や銀製の舌クリーナーを使ったりしますが、国産製品として優れているのは「クリーンタング」だと思います。
「クリーンタング」の使い方は
タンクリーナーの使い方
寝る前と朝起床の後の2回行ないます。通常はソフト面 (刺激のやわらかい面)を使って舌の中央部から前にこけを1~2回かきだすようにして下さい。すると「クリーンタング」に汚れが付き、自然と洗面台に落ちます。
「クリーンタング(舌磨き)」の効果は
舌苔を除去することは、口内細菌を減らし、口臭の原因、またインフルエンザウイルスを繁殖させないことに効果があることが医学的に明らかになって老います。
「クリーンタング(舌磨き)」の新習慣のすすめ
朝起きたらまず歯磨きの前に舌磨きをアンチエイジングのための新習慣にしましょう。そして夜寝る前の歯磨きの前にも行うとさらに効果的です。また舌の苔の状態(多い少ない、粘り、色合い)など観察することで胃の状態を知ることが出来ます。例えば脂濃い食事や遅い食事をした次の朝には胃の中には未消化物が多いので、それが舌の苔として染み出してくるので、消化にとってよりよい食事や時間に気をつけるようになります。ぜひお試し下さい。詳細はこちらのサイトでご覧いただけます。
タンクリーナー製品イメージ
● 薬に頼らない目鼻アレルギー対策 アーユルヴェーダによるホームデトックスのすすめ

Leave a Reply